格安SIM各社の比較

格安スマホ(格安SIM)通話SIM:1GB/3GB/5GB料金比較表

格安スマホ(格安SIM)1GB・3GB・5GB料金比較

月々のデータ使用量は何GBくらいですか?

以下ページ中の「電気通信市場の分析(中間報告)」によると、3大キャリアを使用している方のうち毎月のデータ通信の利用量が「3GB未満」という方が60%を超えているとのこと。

 

この結果より、大半の方はデータ容量3GB以下のプランで大丈夫そうです。

3GBを少し超えるという方でも、5GB程度あれば十分という方も多いのではないでしょうか?

 

また、月々のスマホ代いくらですか?

以下の総務省のデータによると、平均で年間約10万円(月にすると約8,400円)払っているようです。

3GBくらいの方であれば4,000〜6,000円くらい支払っている方が多いのではないでしょうか?

 

この記事では、各社の通話SIM1GB・3GB・5GBプランの料金比較と料金プランの違いについて説明いたします。

 

また、比較する格安スマホ会社はシェアが高い会社や顧客満足度が高い会社、今伸びてきている会社等10社に厳選。

人気のない会社を選んでも、口コミが少なくて見極めが難しかったり、サービス向上にお金がかけられなったり、キャンペーンが少なくて乗り換え時に結構お金がかかったりしますからね。

ある程度“選ばれている会社”から選ぶのがオススメです。

 

通話SIMとは?

通話SIM・音声通話SIM・音声対応SIM…各社いろいろな言い方をしていますが、どれも080や090の電話番号を持つことができて通話もできるSIMのことです。

この記事では「通話SIM」という言葉に統一し、通話SIMの料金を比較していきます。

 

比較する格安スマホ会社10社&料金プランの特徴

以下の10社の料金プランを比較していきます。

どれもさまざまな理由から人気のある格安スマホ会社ばかりです。

  • LINEモバイル
  • mineo
  • IIJ mio
  • BIGLOBEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • LinksMate
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル

それでは各社の1GB・3GB・5GBの料金とその特徴を見ていきましょう。

また、5GBプランは無いけど6GBプランはあるといった格安スマホ会社もあります。そういった場合は近いギガ数のプランを表示しています。

 

LINEモバイルの料金(500MB・3GB・6GB)

LINEモバイルの料金

1GB3GB5GB
ベーシックプラン1,100円
※500MB
1,480円2,200円
※6GB

2020/2/18以前は以下のように3つのプランがありました。

  • LINEフリー:LINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロ
  • コミュニケーションフリー:LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ
  • MUISC+:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、MUSIC+のデータ消費ゼロ

そして、2020/2/19以降は新料金プランとなりデータフリーはオプションとなり、以下3つから選択できます。

  • LINEデータフリー(+0円):LINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロ
  • SNSデータフリー(+280円):LINE、Twitter、Facebookのデータ消費ゼロ
  • SNS音楽データフリー(+480円):LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICのデータ消費ゼロ

 

LINEやTwitter等SNS系の通信が多い方はかなりかなりオススメ。

例えば、現在のデータ使用量が5GBくらいの方でもそのうち2GBがSNS系の通信であれば、3GBプラン+データフリーオプションでも足りるかもしれません。

そういった方は他社で5GBプランを契約するよりLINEモバイルの方が安くなりますよね。

 

その他の容量やオプションはLINEモバイル公式サイトでご確認ください。

 

mineoの料金(1GB・3GB・5GB)

mineoの料金

1GB3GB5GB
auプラン1,310円
※500MB
1,510円2,190円
※6GB
ドコモプラン1,400円
※500MB
1,600円2,280円
※6GB
ソフトバンクプラン1,750円
※500MB
1,950円2,630円
※6GB

mineoは、au・ドコモ・ソフトバンクのいずれかの回線を選択できます。どの回線を選択するかによって料金が異なります。

ソフトバンク回線を選ぶメリットは特に無いと思います。ソフトバンク回線がいいって方はLINEモバイルの方がオススメです。

その他の料金プランはmineo 公式サイトでご確認ください。

 

IIJmioの料金(1GB・3GB・5GB)

IIJmioの料金

1GB3GB5GB
料金-1,600円2,220円
※6GB

ごくごく標準的な価格設定かなと思います。

その他の料金プランはIIJmio公式サイトでご確認ください。

 

BIGLOBEモバイルの料金(1GB・3GB・5GB)

BIGLOBEモバイルの料金

1GB3GB5GB
料金1,400円1,600円2,150円
※6GB

1GBは3GBと200円しか差が無いため割高感を感じるかもしれませんね。1GBを検討している方は、LINEモバイルやLinksMateの方が良いかも。

その他の料金プランはBIGLOBEモバイル公式サイトでご確認ください。

 

OCNモバイルONEの料金(1GB・3GB・5GB)

OCNモバイルONEの料金

1GB3GB5GB
料金1,180円1,480円1,980円
※6GB

OCNモバイルONEは以前より料金やお安くなりました。

その他の料金プランはOCNモバイルONE公式サイトでご確認ください。

 

LinksMateの料金(1GB・3GB・5GB)

LinksMateの料金

1GB3GB5GB
料金1,100円-2,100円

3GBって結構人気があると思うのですが、LinskMateにはありません。他社と比べると高速通信が期待できるためそこは残念。
ただし、5GB以上のデータ通信をするには結構オススメ。

また、ゲームをする方にはいろいろな特典がありますよ。

その他の料金プランはLinksMate公式サイトでご確認ください。

 

楽天モバイルの料金(1GB・3GB・5GB)

楽天モバイルの料金

1GB3GB5GB
スーパーホーダイ
(ドコモ回線)
-2,980円
※2GB
3,980円
※6GB
組み合わせプラン
(ドコモ回線・au回線)
-1,600円
※3.1GB
2,150円

楽天モバイルの2つのプランがあります。それぞれのプランの詳細は以下の通り。

【スーパーホーダイ】

  • ドコモ回線のみ
  • データ容量を使い切っても最大1Mbpsでデータ通信可能
  • 1回あたり10分以内の国内通話が無料。
  • さらに条件を満たした場合以下のような割引が有ります。
    楽天会員の場合、1年間1,500円割引
    会員ランクがダイヤモンドの場合、対象月のみ1年間500円割引。

表にまとめるとこんな感じ↓

2GB6GB備考
割引なし2,980円3,980円
楽天会員:1,500円割引
※1年間のみ
1,480円2,480円ダイアモンド月はさらに500円割引
(1年間のみ)

2GBプランでダイアモンド会員の場合、1年目は最安で980円となります。

ただし2年目以降は割引がなくなり2,980円。ちょっと割高ですね。

 

【組み合わせプラン】

  • ドコモ回線・au回線から選択可
  • スーパーホーダイとは異なり無料通話は無し

その他の料金プランは楽天モバイル公式サイトでご確認ください。

 

UQモバイルの料金(1GB・3GB・5GB)

UQモバイルの料金

1GB3GB5GB
スマホプラン-1,980円-

スマホプランはS・M・Lがあり、それぞれの容量は3GB・9GB・14GB。

以前は通話かけ放題込みのプランでしたが、2019年10月より通話はオプションに変更されました。

オプション料金は以下。

通話オプションオプション料金
かけ放題(10分/回)700円
通話パック(60分/月)500円

また、家族割が適用されると2台目以降500円割引。

家族割が適用されるなら他社よりお安くなる可能性があります。

 

また、1GBや5GBといったプランはありません。

その他の料金プランはUQモバイル公式サイトでご確認ください。

 

ワイモバイルの料金(1GB・3GB・5GB)

ワイモバイルの料金

1GB3GB5GB
スマホベーシックプラン-2,680円-

スマホベーシックプランはS・M・Lがあり、それぞれの容量は3GB・9GB・14GB。

UQモバイルと同じですね。

 

ただしUQモバイルと違って、1回当たり10分以内の国内通話がコミコミのプランのみ。

通話はオプションではありません。

通話をあまりしない方だと割高に感じる可能性があります。

 

また、契約内容によってさまざまな割引があります。

容量基本料金新規割(6ヶ月間)おうち割光セット
または家族割
スマホベーシックプラン3GB(プランS)2,680円-700円-500円

新規割は6ヶ月間のみ。

おうち割光セットまたは家族割はずっと割引が続くので、このどちらかが適用されると良さそうです。

 

ただし、ワイモバイルは余ったデータ容量を次月に繰り越し不可なのでご注意ください。

繰り越し不可の格安スマホはここくらいじゃないかな?

その他の料金プランはワイモバイル公式サイトでご確認ください。

 

格安スマホ厳選10社の通話SIM:1GB・3GB・5GB料金比較表

これまで説明した10社の料金を一覧表にしてみました。(1GB→3GBの基準でだいたいですが安い順に並べています。)

格安スマホ会社プラン1GB3GB5GB
LinksMate-1100円-2100円
OCNモバイルONE-1180円1480円1980円
※6GB
LINEモバイル-1100円
※500MB
1480円2200円
※6GB
BIGLOBEモバイル-1400円1600円2150円
※6GB
mineoauプラン1310円
※500MB
1510円2190円
※6GB
mineoドコモプラン1400円
※500MB
1600円2280円
※6GB
楽天モバイル組み合わせプラン-1600円
※3.1GB
2150円
IIJmio--1600円2220円
※6GB
mineoソフトバンクプラン1750円
※500MB
1950円2630円
※6GB
UQモバイルスマホプラン-1980円-
楽天モバイルスーパーホーダイ-2980円
※2GB
3980円
※6GB
ワイモバイルスマホベーシックプラン-2680円-

各社、料金以外にもデータフリーオプションのようなメリットがあったり、料金が高い割に特にメリットが感じられないところもあります。

特徴も考慮した上で選択すると良さそうですね。

 

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

sim-closet

犬の着ぐるみの中身は現役女性SE。格安SIM使用歴5年以上。LINEモバイル歴2年以上。その他格安SIMも使用経験あり。iPhoneメインだけどAndroidも使用中。

-格安SIM各社の比較

© 2020 LINEモバイルのすすめ