2019/10〜初月無料オプション有料化

格安SIM各社の特徴

BIGLOBEモバイルの特徴と料金プラン

更新日:

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

家族みんなで使う方や動画をよく観る方等にオススメです。
シェアも第5位(総務省 MVNO事業者別シェア 2018年9月末 より)で人気です。

 

 

 


BIGLOBEモバイルならではの特徴

データ容量が分け合える(シェアSIM)

毎月のご利用料金にシェアSIM月額料金をプラスして、複数端末でデータ通信容量を分け合って使うことが出来ます。(以降、シェアSIMと呼びます)

音声通話SIM(電話もデータ通信もできるSIMカード)の場合、月額900円でシェアSIMが使用できます。

例えば、一人当たりのデータ使用量が3GB家族4人でBIGLOBEモバイルを使用したい場合、一人ずつ契約すると、家族4人分の月額料金の合計は以下。
1,600円(3GBプランの料金) × 4(人) = 6,400円

シェアSIMを使用した場合は以下のようになります。
3,400円(12GBプランの料金) + 900円(シェアSIMの料金) × 3(人) = 6,100円

この場合は300円お安くなりますね。

また、シェアSIMには以下のようなメリットもあります。

  • 家族のうち誰かがデータを多く使用しても、その分誰かのデータ使用量が少なかった場合にカバーできる
    =たくさん使用した人も通信速度が落ちない

※データ容量は1GB,3GB,6GB,12GB…と選択できますが、それを超えてしまってもデータ通信は出来ます。が、等月末までの通信速度がかなり遅く(送受信最大200kbps)なってしまいます。

ただし、そのデータ容量を家族全員で超えてしまった場合、全員の通信速度が低下してしまう、というデメリットもあります。

 

外出先でWi-Fi利用可(BIGLOBE Wi-Fi)

BIGLOBE Wi-Fiとは、全国83,000カ所のアクセスポイントを利用できるインターネットサービスです。

6GB以上のプランの場合、1ライセンス無料で利用が出来ます。
その他のプランの場合は、250円/月で利用可。

例えば、フリーランスでカフェ等で仕事をすることが多いという方。
よく行くカフェにアクセスポイントがあれば、なかなか使えるオプションなのではと思います。

公衆無線LANは安くても月額500円程度、ポケットWiFiは安くても3,000円以上はしますからね。

 

自宅インターネット回線とセットで割引

自宅のインターネット回線がBIGLOBE接続サービス(光ファイバー、ADSL、「ベーシック」コースなど)の方は、セレクトプラン月額料金より毎月200円お安く使えます。

また、「光☆SIMセット割」が適用可能なプランであれば、さらに最大300円お安く使えます。

 

光☆SIMセット割

BIGLOBEモバイルと自宅のインターネット回線が、以下の場合に適用されます。

【BIGLOBEモバイル】

  • 回線:タイプD(NTTドコモ回線)
  • プラン:6GB以上のプラン

【インターネット回線】

  • ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)※300円割引
  • ビッグローブ光「ひかり」コース(2年プラン)※300円割引
  • BIGLOBE光パックNeo with フレッツ ※100円割引
  • BIGLOBE光 with フレッツ「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース ※100円割引
  • 「ひかり」コース/「Bフレッツ」コース ※100円割引

 

定額で動画の視聴できる(エンタメフリー・オプション)

3GB以上のプランの場合、「エンタメフリー・オプション」を追加することにより、対象の動画や音楽をデータ通信量の制限なく使用できます。
このオプションの月額料金は以下となります。

  • 音声通話SIM(電話もデータ通信もできるSIMカード):480円
  • データSIM(データ通信のみできるSIMカード):980円

対象の動画・音楽サービスは以下です。

  • YouTube、 YouTube Music、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kids

WiFiの無い場所でも動画を観ることが多いという方にはオススメです。

 

au回線なら通信速度が速め

BIGLOBEモバイルは2016年12月にKDDI(au)の子会社となりました。
KDDIによるビッグローブの子会社化について | 2016年 | KDDI株式会社

その影響でしょうか。
他の格安スマホ会社のau回線と比べると、混雑して回線速度がかなり遅くなる時間帯(平日の8時台・12時台・17〜20時台)でもおおむね1Mbps以上の速度が出ています。

他社の格安スマホの場合だと特に12時台は0.2〜0.3Mbpsしか出ないこともよくあります。ここまで遅いと動画はもちろんウェブ閲覧もなかなか厳しい。(LINEやTwitterのように文字データのみの通信であれば大丈夫ですけどね。)
1Mbps以上の速度があれば、動画視聴やウェブ閲覧もストレスなくできると言われています。

というわけで、ドコモ回線じゃないと電波が届かないような地域出ない限り、おおむね1Mbps以上の速度が出るau回線の方がオススメです。

 

 

BIGLOBEモバイル使用者の満足度

以下のデータが参考になるかと思います。
2018年9月格安SIMサービスの満足度調査

BIGLOBEモバイルの満足度は3位です。
このデータは、BIGLOBEモバイルにしようか迷っている人にとっては、かなり安心材料になるのではないでしょうか?

 

まとめ 

BIGLOBEモバイルの特徴や料金プランをご紹介しました。 
あらためてお伝えすると、以下のような方に特にオススメです。

  • 家族で格安SIMに乗り換えたい(シェアSIMの利用がオススメ)
  • 外出先のカフェ等でWiFiを利用したい(BIGLOBE Wi-Fiの利用がオススメ)
  • 外出先で動画をよく観る(エンタメフリー・オプションの利用がオススメ)

また、ドコモ回線とau回線とで選択できますが、通信速度の面からau回線の方がオススメです。

 

 


  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

現役女性SE。格安SIM歴約4年。LINEモバイル歴約1年。どこよりも分かりやすいサイトを目指して運営中です^^

-格安SIM各社の特徴

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.