2019/10〜LINEモバイル解約手数料1,000円

格安SIM各社の特徴

IIJmioの特徴と料金プラン

IIJmio

IIJmio

この事業者はご存じない方も多いかもしれませんが、以前より人気のある事業社でシェア第2位(総務省 MVNO事業者別シェア 2018年9月末 より)です。

 

 

 


 

IIJmioならではの特徴

家族と通話かけ放題のオプション

家族(=同一契約者名義間(同一mioID))間の一定時間の通話かけ放題オプションというのは珍しいですね。

家族みんなで契約する&家族間でよく通話をする方にはオススメです。

 

ファミリーシェアプラン

ファミリーシェアプラン(12GB)でデータ容量を分け合えば、一人ずつ契約するよりさらにお安くなります。

例えば以下の条件で使用する場合・・・

  • ファミリーシェアプラン(12GB)で契約し、データ容量を分け合う
  • 家族4人で使う
  • 4人とも音声通話機能付きSIMカード

以下の合計金額となります。
ファミリーシェアプラン3,260円 + 音声通話付帯料700円×3人 + 追加SIM付帯料400円×1人=5,760円

ちょっと計算がややこしいですが、音声通話付帯料は追加3人分かかり、追加SIM付帯料というのが4枚目からのSIMカードにかかります。

もし、ミニマムスタートプラン(3GB)を家族4人がそれぞれ契約した場合は、使えるデータ容量は3GB × 4 = 12GBで同じであるにも関わらず、以下の合計金額となります。
ミニマムスタートプラン1,600円 × 4 = 6,400円

家族4人でこの金額と考えると十分お安いのですが、ファミリーシェアプランだと、さらに640円お安くなり、さらに通話料も20%オフとなります。

家族みんなで乗り換えれば、かなり節約になりそうですね!

 

IIJmio Wi-Fi byエコネクト

BIGLOBEモバイルやOCNモバイルONEにも同様のオプションがありましたが、IIJmioでもWi-Fiスポットが使用できます。

Wi-Fiスポットは全国約75,000カ所以上にあります。料金は362円

フリーの方等出先でネット環境が必要な方は、よく行く場所にWi-Fiスポットがあれば便利ですよね。

 

大容量データオプション

家族で使う場合に12GBだと全然足りない!という方もいらっしゃるかもしれません。
IIJmioには以下の2つの大容量オプションがあります。

  • 20GB:3,100円
  • 30GB:5,000円

例えば、先ほどと同じ以下の条件にプラスして20GBのオプションをつけた場合、

  • ファミリーシェアプラン(12GB)で契約し、データ容量を分け合う
  • 家族4人で使う
  • 4人とも音声通話機能付きSIMカード

以下の金額となります。
5,760円 + 3,100円 = 8,860円

使えるデータ容量は以下。
12GB + 20GB = 32GB

家族で32GBも使えて、合計でこの金額はかなりお得ですね!

 

 

IIJmio使用者の満足度

以下のデータが参考になるかと思います。
2018年9月格安SIMサービスの満足度調査

IIJmioの満足度は安定して高めです。

 

また、以下の総務省のデータを見ていただくと分かる通り、2018年9月末時点のシェア第2位です。
総務省|電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成30年度第2四半期(9月末))

 

シェアも人気も以前より変わらず高いです。

ちなみに、私が初めての格安SIMを使用した際(約3年前)はこちらを使用していました。やはりシェアも満足度も高いという点は安心できまし、使い心地も良かったですよ。

 

まとめ

IIJmioの特徴や料金プランをご紹介しました。

家族間の通話がかけ放題のオプションは珍しいです。また、大容量データオプションも他にはなかなか無いのでオススメです。

 


  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

現役女性SE。格安SIM歴約4年。LINEモバイル歴約1年。どこよりも分かりやすいサイトを目指して運営中です^^

-格安SIM各社の特徴

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.