2019/10〜初月無料オプション有料化

格安SIM各社の比較

1GBで充分!という方にオススメの格安スマホ(格安SIM)ランキング

更新日:

1GBで充分という方にオススメの格安SIM(格安スマホ)ランキング

月々のスマホ代いくら支払っていますか?

以下の総務省のデータによると、平均で年間約10万円(月にすると約8,400円)払っているようです。
総務省|平成30年版 情報通信白書|電話通信料

また、以下ページ中の「分析データ集(移動系通信市場)」によると、実際のデータ通信の利用量が「1GB未満」という方が最も多いとのこと。
総務省|電気通信市場検証会議|電気通信市場検証会議(第8回)会議資料

もちろん平均値と最頻値は異なりますのでイコールにはなりませんが、月々のデータ使用量が1GBで8,400円払っている方がいらっしゃるとすると、かなり勿体無いと思います。

8,400円も払っていなくても、5,000円程度払っているという方はいらっしゃるのでは?

また、格安スマホ(格安SIM)に興味はあるけどよく分からない…という方もいらっしゃるでしょう。

そういった方向けに今回は、
「1GB未満で充分という方にオススメの格安スマホ(格安SIM)」
をランキング形式でご紹介します。

また、できるだけ誰にでも分かりやすい言葉で説明できるよう心がけておりますが、不明点がありましたら是非お気軽にコメントください!

 

1位:LINEモバイル

データ容量は1GBで十分!おすすめランキング1位:LINEモバイル

最近伸びてきている格安SIM事業者です。

LINEモバイル はドコモとソフトバンク、auから回線を借りています。そのため、契約の際にはどれかの回線を選択することとなります。

LINEモバイルの1GBプランは「LINEフリー」というプラン名。

 

1GBプランの料金は以下のとおり。

  • データSIM:500円
  • データSIM(SMS付き):620円
  • 音声通話SIM:1,200円

データ通信だけでOKならデータSIM。(タブレット等)

データ通信+SMS(ショートメッセージ)が必要ならデータSIM(SMS付き)。

070/080/090から始まる電話番号で通話が必要なら音声通話SIMを選択して下さい。(通常はほとんどの方がこれを選択します。)

 

主なオススメポイントは以下。

  • LINEアプリのデータ通信量がタダ(LINEを使ってもギガが減らない)
  • ソフトバンク回線なら、データ通信速度に対するストレスがかなり少ない

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

LINEのデータ通信料がタダ

通常、LINEでメッセージやスタンプを送ったり、写真を送ったり、LINE通話をしたりすると、月々契約しているデータ容量が消費されていきます。(要するにギガが減ります。)

また、送る際だけでなく受け取る際にもデータ容量が消費されます。

しかしながら、LINEモバイルならLINEアプリに関わるほとんどの機能の利用時に、データ通信量が消費されません

要するにLINEモバイルの1GBのプランに申し込んだ場合、LINE以外で1GBのデータ通信ができるということです。

LINEでデータ容量が消費されない機能は主に以下です。

  • LINE通話
  • トーク(メッセージやスタンプのやりとり)
  • 画像・動画の送受信
  • タイムライン

LINE通話は音声通話だけでなく、動画での通話でもギガが減りません。LINEアプリをよく使用される方にとってはLINEモバイルはかなりオススメ。

また、通常であれば1GBプランの場合1GBを使い切ってしまうと、データ通信速度がかなり遅くなってストレスを感じます。しかしながら、LINEモバイルの1GBプラン(=LINEフリープラン)であれば、1GBを使い切ってしまっても、LINEを使う際だけはデータ通信速度が遅くなりません。

 

S回線ならデータ通信速度が速め

2018年3月、LINEモバイルはソフトバンクの子会社となりました。

LINEモバイルとソフトバンク、MVNO事業「LINEモバイル」のさらなる成長を目的とする資本・業務提携締結のお知らせ | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

おそらくこれによってLINEモバイルはその他ソフトバンク系の格安SIMより優遇されているのでしょう。

格安SIMのデメリットとして、「平日の8時台・12時台・17〜20時台あたりにデータ通信速度がかなり遅くなる」という点があります。

※参考:【初心者向け】格安SIM(格安スマホ)乗り換えのデメリット - SIMクローゼット

しかしながらLINEモバイル(ソフトバンク回線)であれば、それらの時間帯でも概ね1Mbps以上の速度が出ます。

1Mbpsという速度は、動画もストレスなく見ることができる速度の目安とされています。

平日12時台が特に遅くなり、他社の格安SIMですと0.2〜0.3Mbps程度しか出ないことがよくありますが、LINEモバイル(ソフトバンク回線)であれば概ね1Mbps以上出るのです。

この差はかなり大きいですよ。

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイルの特徴を詳しく知る



 

2位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル(1GBオススメ)

老舗の格安SIM事業者の1つです。

BIGLOBEモバイルはドコモとauから回線を借りています。そのため、契約時はどちらかの回線を選択することとなります。

 

1GBプランの料金は以下のとおり。

  • 音声通話SIM:1,400円

BIGLOBEモバイルにもLINEモバイル同様データSIMとデータSIM(SMS付き)がありますが、1GBプランで選択できるのは音声通話SIMのみ

1GBプランでデータSIMで契約したい方は他の会社選んだほうが良さそう。

 

主なオススメポイントは以下です。

  • シェアや顧客満足度が高くて安心
  • BIGLOBE Wi-Fiが使える

詳しく見ていきましょう。

 

シェアや顧客満足度が高い

以下ページ中の「電気通信事業分野における市場検証(平成29年度)年次レポート」によると、BIGLOBEモバイルは格安SIMの中でシェア第5位です。

総務省|電気通信市場検証会議|電気通信市場検証会議(第10回)会議資料

シェアが高い会社であれば口コミも多いですしサポート面でも期待ができます。潰れる心配も少なくて安心です。

また、第5位?そんなに上位では無いのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、格安SIM事業者は数百存在し、契約数が3万以上の事業者に絞っても40社以上あります。その中の5位ですのでかなり上位です。

ちなみに、1位〜4位は以下の通り。

1位:楽天モバイル
2位:IIJmio
3位:OCNモバイルONE
4位:mineo

ではなぜ1〜4位から選ばなかったのかというと、上記4社には1GBプランが無いのです。

1GBプランがある格安SIMの中ではシェアNo.1ということですね!

また、以下の満足度調査ではBIGLOBEモバイルの満足度は第3位

2018年9月格安SIMサービスの満足度調査

実際に使用している方の満足度が高いというのはかなり安心材料になりますね。

 

BIGLOBE Wi-Fiが使える

BIGLOBE Wi-Fiとは、全国83,000カ所のアクセスポイントをご利用いただけるインターネットサービスです。

カフェやコンビニエンスストア、鉄道主要駅、空港、商業施設などで利用できます。

BIGLOBE Wi-Fiを使用するには別途「BIGLOBE Wi-Fiライセンス」への申し込みが必要となりますが、月額たったの250円で利用できます。

これはWi-Fiサービスの中ではかなりお得な価格ですよ。

よく使う場所にWi-Fiがあれば、1GBプランでもデータ通信量が足りない!という心配が少なくなって良いですね。

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの特徴を詳しく知る

 

3位:DMMモバイル

DMMモバイル(1GBオススメ)

DMMモバイルもかなり人気のある格安SIMです。

 

1GBの料金プランは以下。

  • データ通信SIM:480円
  • 通話対応SIM:1,260円

データ通信SIMは他社でいうデータSIMと同じ。データSIMにSMSが欲しい場合は+150円/月で付けることが出来ます。

通話対応SIMは他社の音声通話SIMと同じです。(各社言い方が異なるだけです。)

 

また、DMMモバイルには1GBプランよりお安い“ライトプラン”があります。

料金は以下の通り。

  • データSIM:440円
  • 音声通話SIM:1140円

ライトプランについては DMMモバイルのページには以下のような記載があります。

※3通信速度を気にせず、とにかく安く利用したい方向けのプランです。ライトプランの最大通信速度は200Kbps(高速データ通信OFF時と同等の速度)です。追加チャージをすることで高速データ通信もご利用いただけます。3日間の通信量が366MBを超えた場合、通信速度を制限する場合があります。

以下のような方はこの"ライトプラン"を選択するのもありかと思います。

  • 使うかわわからないけどスマホを持っておきたい
  • データ通信はほとんどせず電話番号だけ持っておきたい方

ただし1GBプランとの差が、データSIMなら40円/月、音声通話SIMなら120円/円の差なので、それなら通信速度が確保されている1GBプランの方が良い気もします。

 

主なオススメポイントは以下。

  • 料金プランが多い
  • 料金が全体的に安い

では、詳しく見ていきましょう。

 

料金プランが多い

DMMモバイルは料金プランがとても多いです。

他社の場合、1GB・3GB・7GB…といった料金プランしかない場合もあります。

DMMモバイルの場合は、1GB・2GB・3GB・5GB・7GB…とかなり細かく設定されています。そのため、もし実際に使用してみて1GBで足りなかった場合、2GBプランに変更することも可能です。(2GBプランが設定されているのはかなり珍しい。)

自分の使い方にぴったりあった料金プランが選択できるのは、無駄がなくて良いですよね。

 

料金が安い

DMMモバイルの料金プランは、他社と比べると全体的にお安めです。

例えば3GBプランだと、他社の場合は1,600円〜1,800円程度が標準的なのですが、DMMモバイルの場合は1,500円。

その他のデータ容量のプランを見ても全体的に他社より少しお安いです。

また、他社の場合2GBプランが無い場合が多く、1GBで足りない場合は3GBプランに変更しなければなりません。

例えばLINEモバイルの場合、1GB→3GBプランに変更すると月額料金が一気に500円ほど高くなります。しかしながら、DMMモバイルの2GBプランは1GBプランと比べると、たったの120円差!

これなら初めから2GBプランにしてしまっても良いかもしれませんね。

DMMモバイル公式サイトはこちら

DMMモバイルを詳しく知る

まとめ

  • LINEをたくさん使う方:LINEモバイル(特にソフトバンク回線)
  • シェアや顧客満足度で選ぶ:BIGLOBEモバイル
  • とにかく安くという方や2GBプランが良いなという方:DMMモバイル

といった感じでしょうか。

データ容量が1GB程度という方は是非検討してみてくださいね!

データ容量1GBのオススメNo.1↓

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイルの特徴を詳しく知る

 

  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

現役女性SE。格安SIM歴約4年。LINEモバイル歴約1年。どこよりも分かりやすいサイトを目指して運営中です^^

-格安SIM各社の比較

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.