2019/10〜初月無料オプション有料化

格安SIM各社の比較

格安スマホ(格安SIM)音声通話SIM:3GB料金比較&ポイントまとめ

更新日:

格安スマホ(格安SIM)データ容量3GB料金比較

月々のデータ使用量は何GBくらいですか?

以下ページ中の「電気通信市場の分析(中間報告)」によると、3大キャリアを使用している方のうち毎月のデータ通信の利用量が「3GB未満」という方が60%を超えているとのこと。
総務省|電気通信市場検証会議|電気通信市場検証会議(第4回)会議資料
この結果より、大半の方はデータ容量3GB以下のプランで大丈夫そうです。
(ちなみに私も月々3GBくらいです。)

また、月々のスマホ代はいくらですか?

以下の総務省のデータによると、平均で年間約10万円(月にすると約8,400円)払っているようです。
総務省|平成30年版 情報通信白書|電話通信料

3GBくらいの方であればおそらく5,000〜8,000円くらいは支払っている方が多いのではないでしょうか?(スマホ端末代を除外して)

この記事では、格安SIM各社の3GBプランの料金比較と、料金からは分からない各社の料金プランの違いやポイントについてご説明します。

また、比較する格安スマホ会社はシェアが高い会社や顧客満足度が高い会社、今伸びてきている会社等10社に厳選しています。

人気のない会社を選んでも、口コミが少なくて見極めが難しかったり、サービス向上にお金がかけられなったり、キャンペーンが少なくて乗り換え時に結構お金がかかったりしますからね。
ある程度“選ばれている会社”から選ぶのがオススメです。

 

比較する格安スマホ会社10社と料金プランの特徴

以下の10社の料金プランを比較していきます。
どれもさまざまな理由から人気のある格安スマホ会社ばかりです。

  • LINEモバイル
  • mineo
  • IIJ mio
  • BIGLOBEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • DMMモバイル
  • LinksMate
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル

また各社、データSIM・音声通話SIMといったいくつかのSIMカードが用意されていますが、この記事では“音声通話SIM”の3GBプランの料金について比較します。

音声通話SIMとは?

音声通話SIMとは、080や090の電話番号を持つことができて通話もできるSIMのことです。
一方、データSIMとは通話が出来ないデータ専用のSIMのこと。

ほとんどの方が音声通話SIMを選択しています。
データSIMはタブレット等通話機能が必要ない方が選択しています。

また、この記事では“音声通話SIM”と呼びますが、音声SIM・通話SIM等各社呼び方は異なります。

それでは各社の3GBの料金とその特徴を見ていきましょう。

3GBプランの料金:LINEモバイル

LINEモバイルの料金

3GB
コミュニケーションフリー1,690円
MUSIC+2,390円

それぞれのプランの詳細は以下となります。

  • コミュニケーションフリー:LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ
  • MUISC+:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、MUSIC+のデータ消費ゼロ

LINEモバイルはSNSのデータフリー(データ消費しない)があるのが特徴。

LINEやInstagram等の通信が多い方はかなりかなりオススメです。

また、画像のやりとりはデータ量が結構大きいです。
そのため、Instagramで頻繁に投稿をする方や見ているだけでも結構データ容量が減っていきます。
Instagramをよく使う方(見ているだけでも)にもオススメです。

その他の料金プランはLINEモバイル公式サイトでご確認ください。

 

3GBプランの料金:mineo

mineoの料金

3GB
auプラン1,510円
ドコモプラン1,600円
ソフトバンクプラン1,950円

mineoは、au・ドコモ・ソフトバンクのいずれかの回線を選択できます。どの回線を選択するかによって料金が異なります。

auプランは格安SIM各社を見渡してもお安いですね。

また、ソフトバンク回線を選ぶメリットは特に無いと思います。
ソフトバンク回線がいいって方はLINEモバイルの方が料金がお安くSNSデータフリーがあるのでオススメですよ。

その他の料金プランはmineo公式サイトジでご確認ください。

 

3GBプランの料金:IIJmio

IIJmioの料金

3GB
料金1,600円

ごくごく標準的な価格設定かなと思います。

また、こちらの会社は聞いたことが無い方も多いかもしれません。

しかしながら以下総務省のデータによると、MVNO(ワイモバイルを除く格安SIM)の中で契約者数No.2です。(ちなみにNo.1は楽天モバイル)
電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成30年度第4四半期(3月末))

最近契約者数が増えたわけではなく、以前よりずっと多いです。
かなり老舗の格安SIM会社で且つ評判が良いからだと思われます。
(ちなみに私も以前こちらを使用していました。)

その他の料金プランはIIJmio公式サイトでご確認ください。

 

3GBプランの料金:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金

3GB
料金1,600円

こちらもごくごく一般的な料金設定ですね。

ちなみにBIGLOBEモバイルには「エンタメフリー・オプション(480円/月)」というオプションがあり、これを付けるとYoutubeをはじめさまざまな動画・音楽サービスがデータ通信量がタダになります。

こういったオプションを用意している格安SIMは少ないので、動画をよく見る方にはオススメですよ。

その他の料金プランはBIGLOBEモバイル公式サイトでご確認ください。

 

3GBプランの料金:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの料金

OCNモバイルONEは、月単位と日単位のプランがあります。

3GB
月料金1,800円
110MB/日
※30日で3.3GB
日単位1,600円

日単位のプランがあるのはかなり珍しいですね。

1日あたりの使いすぎを防ぐために日単位にするのもありかもしれません。(お子さんのスマホの使いすぎ防止等)

月単位の料金はごくごく一般的かなと思います。

その他の料金プランはOCN モバイル ONE公式サイト でご確認ください。

 

3GBプランの料金:DMMモバイル

DMMモバイルの料金

3GB
料金1,500円

料金の安さでいったらDMMモバイルでしょう。

5GBを超えるプランでも全体的に他社よりお安めです。

また、他社ではなかなかない2GB(1,380円)というプランもあるので、1GBでは足りないけど3GBだと多いという方にはオススメです。

その他の料金プランは DMMモバイル公式サイトでご確認ください。

 

3GBプランの料金:LinksMate

LinksMateの料金

3GB
料金-

3GBって結構人気があると思うのですが、LinskMateにはありません。

LinksMateは他社と比べると高速通信が期待できるためそこは残念ですね。

ただし、5GB以上のデータ通信をするには結構オススメです。
特にゲームをする方にはいろいろな特典がありますよ。

その他の料金プランはLinksMate公式サイトでご確認ください。

 

3GBプランの料金:楽天モバイル

楽天モバイルの料金

3GB
スーパーホーダイ(プランS:2GB)
※ドコモ回線のみ
2,980円
組み合わせプラン(3.1GBプラン)
※ドコモ回線・au回線から選択
1,600円

楽天モバイルの2つのプランがあります。(スーパーホーダイに3GBのプランは無く、一番近いデータ容量が2GBのプランSとなります。)

それぞれのプランの詳細は以下の通り。

【スーパーホーダイ】

  • ドコモ回線のみ
  • データ容量を使い切っても最大1Mbpsでデータ通信可能
  • 1回あたり10分以内の国内通話が無料。
  • さらに条件を満たした場合以下のような割引が有ります。
    楽天会員の場合、2年間500円割引
    最低利用期間3年の場合、2年間1,000円割引。
    最低利用期間2年の場合、2年間500円割引。
    会員ランクがダイヤモンドの場合、対象月のみ1年間500円割引。

表にまとめるとこんな感じ↓

2GB備考
割引なし2,980円
楽天会員(500円割引)2,480円ダイアモンド月はさらに500円割引(1年間のみ)
楽天会員(500円割引)
+2年契約(500円割引)
1,980円ダイアモンド月はさらに500円割引(1年間のみ)
楽天会員(500円割引)
+3年契約(1,000円割引)
1,480円ダイアモンド月はさらに500円割引(1年間のみ)

2GBの場合、楽天会員(500円割引)+3年契約(1,000円割引)+ダイアモンドランク月(500円割引)で、1年目は最安で980円となります。
ただし2年目の最安は1,480円、3年目以降は割引が全て無くなりますので2,980円となります。
3年目以降はどう考えても割高です。でも3年契約だと3年目は我慢しなければならない…。

また、楽天モバイルのスーパーホーダイについては以下の記事に詳しくまとめています。
是非参考にご覧ください!

関連
楽天モバイルのスーパーホーダイは安くない!?
楽天モバイルのスーパーホーダイほんとに安い!?お得な使い方を調べた結果…

格安スマホ(格安SIM)の会社の中で、楽天モバイルはシェアNo.1です。 (電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成30年度第3四半期(12月末))調べ。MVNOのシェアのた ...

続きを見る

 

【組み合わせプラン】

  • ドコモ回線・au回線から選択可
  • スーパーホーダイとは異なり無料通話は無し

組み合わせプランの方は他社と比べても一般的な価格設定ですね。

また、3GBではなく3.1GBというのは他社との差別化を図っているのでしょうか…?

その他の料金プランは楽天モバイル公式サイト でご確認ください。

 

3GBプランの料金:UQモバイル

UQモバイルの料金

3GB
おしゃべりプラン(プランS)2,980円
ぴったりプラン(プランS)2,980円
データ高速+音声通話プラン1,680円

おしゃべりプランとぴったりプランのプランSは2GBですが、キャンペーン等により実質3GB使えます。

3つのプランの詳細は以下の通り。

【おしゃべりプラン】

  • 1回あたり5分以内の国内通話が無料。
  • 2年契約あり。
  • 増量オプション(500円/月)利用により2年間のみデータ容量が以下のように増加。
    プランS:2GB→3GB
    ※増量オプション(500円/月)は常時開催のキャンペーン利用により無料になる
    ※2年後に機種変更するとその後も増量オプション500円/月が無料

【ぴったりプラン】

  • プランS:60分/月の通話無料
  • 2年契約あり
  • 増量オプション(500円/月)利用により2年間のみデータ容量が以下のように増加。
    プランS:2GB→3GB
    ※増量オプション(500円/月)は常時開催のキャンペーン利用により無料になる
    ※2年後に機種変更するとその後も増量オプション500円/月が無料

また、おしゃべりプランとぴったりプランはそれぞれ、実際の基本料金は1,000円高く以下です。

  • プランS:3,980円

しかしながら以下のように最低1,000円の割引があるため、実質以下の通り常に1,000円安い料金となります。

プランS
1年目
(イチキュッパ割:1,000円割引
+スマトク割:1,000円割引)
1,980円
2年目
(スマトク割:1,000円割引)
2,980円
3年目以降
(長期割引:1,000円割引)
2,980円

また、家族で複数回線契約した場合、UQ家族割が適用されるため2回線目以降(最大9回線まで)1年間のみ更に500円割引されます。

そのため家族割が適用される場合、1年目は1,480円になりますね!

 

【データ高速+音声通話プラン】

  • 無料通話無し
  • 2年契約無し

ちなみに私はUQモバイルならこの「データ高速+音声通話プラン」がオススメです。ただし3GBしか選べないのが難点。

その他の料金プランはUQモバイル公式サイトでご確認ください。

 

3GBプランの料金:ワイモバイル

ワイモバイルの料金

3GB
スマホプラン(プランS)2,980円

ワイモバイルもプランSは本来2GBですが、キャンペーン等により3GB使用出来ます。
このプランの特徴は以下の通り。

【スマホプラン】

  • 1回あたり10分以内の国内通話が無料。
  • 2年契約あり。
  • 増量オプション(500円/月)利用により2年間のみデータ容量が以下のように増加。
    プランS:2GB→3GB
    ※増量オプション(500円/月)は常時開催のキャンペーン利用により無料になる
    ※2年後に機種変更するとその後も増量オプション500円/月が無料

新規、他社からののりかえ(MNP)、または契約変更(一部機種からの変更を除く)は「ワンキュッパ割」適用により加入翌月から12ヵ月基本使用料が1,000円割引。
よって料金は以下のようになります。

スマホプランS
1年目
(ワンキュッパ割:1,000円割引)
1,980円
2年目2,980円

また、自宅のインターネットをSoftBank 光またはSoftBank Airにすれば、お家割光セットにより1年目は更に割引になります。(プランS:500円引き)

さらに、ソフトバンク以外からワイモバイルに乗り換え今のスマホ本体をそのまま使う場合は、24ヶ月間「SIM単体割引」が適用できる場合があります。(プランS:400円引き)
適用条件は以下でご確認ください。
https://www.ymobile.jp/corporate/open/agreement/pdf/simsp.pdf

お家割光セットとSIM単体割引が適用できる場合は、1年目のみ1,080円とかなりお安くなりますね。
ただし2年目はSIM単体割引のみ適用になるため、2,580円です…!…お気をつけください。

その他の料金プランはワイモバイル公式サイトでご確認ください。

 

厳選10社の通話SIM:3GBプラン料金比較表

これまで説明した10社の料金を一覧表にしてみました。

格安スマホ会社プラン名3GBプラン料金
LINEモバイルコミュニケーションフリー1,690円
MUSIC+2,390円
mineoauプラン1,510円
ドコモプラン1,600円
ソフトバンクプラン1,950円
IIJmio-1,600円
BIGLOBEモバイル-1,600円
OCNモバイルONE月単位1,800円
日単位(110MB/日)
※30日で3.3GB
1,600円
DMMモバイル-1,500円
LinksMate--
楽天モバイル組み合わせプラン1,600円
※3.1GB
スーパーホーダイ2,980円
※2GB
※1年目は最安パターンで980円
UQモバイルおしゃべりプラン2,980円
※1年目は最安パターンで1,480円
ぴったりプラン2,980円
※1年目は最安パターンで1,480円
データ高速+音声通話プラン1,680円
ワイモバイルスマホプラン2,980円
※1年目は最安パターンで1,080円

少し料金が高めでも、LINEモバイルのコミュニケーションフリーのようにLINEやSNSのデータ通信が無料になる等何かしらメリットがある場合があります。

mineoのソフトバンク回線のように高いけど特にメリットが感じられないものもあります。
そのため、各社の料金プランの特徴を抑えた上で選択しましょう。

また、楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルの無料通話込みのプランは2年縛りや3年縛りがあるため注意。
その分1年目や2年目までは安くなりますけどね。

個人的には縛りがないプランを選択することをオススメします!
2年後や3年後に再度乗り換えるなら、そういったプランを選ぶのもありだとは思いますけどね。

 

データ容量3GBオススメランキング

結局どの会社を選べばいいか分からない!という方向けに3GBオススメランキングを作成しました!

それぞれなぜオススメなのか?も記載していますので、是非参考にしてみてくださいね。

データ容量3GBランキングを見る

  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

現役女性SE。格安SIM歴約4年。LINEモバイル歴約1年。どこよりも分かりやすいサイトを目指して運営中です^^

-格安SIM各社の比較

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.