2019/10〜初月無料オプション有料化

LINEモバイルの特徴

【LINEモバイル】大手キャリアや他の格安SIMと比較したデメリットは?

更新日:

LINEモバイルのデメリット&注意点

LINEモバイルにするととにかく料金が安くなったりSNSデータフリーやLINEの年齢認証等たくさんのメリットがあります。しかしながらやはりデメリットも。
私は特に大きなデメリットは感じていませんが、使い方によっては大きなデメリットになる可能性も!?

ここはしっかりと確認しておきましょう!

LINEモバイル公式サイトはこちら

最新キャンペーン情報はこちら



LINEモバイルのデメリット&注意点

LINEモバイルのデメリット&注意点

LINEモバイルには以下のようなデメリットや注意点があります。

  1. 通信速度が大手キャリアよりは遅い
  2. 完全通話かけ放題が無い
  3. キャリアメールが使えない

ただしほとんどがLINEモバイルならではというよりは他社の格安SIMを含め格安SIM全体のデメリットとなります。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

デメリット1:通信速度が大手キャリアよりは遅い

LINEモバイルのデメリット①:通信速度が大手キャリアよりは遅い

LINEモバイルは格安SIMの中では速度は速めではあるものの、やはり大手キャリアよりは速度は落ちます。
大手キャリアであれば20Mbps以上出るかと思いますが、LINEモバイルの場合は1Mbps〜5Mbps程度です。
ただし、スマホで必要な速度は1Mbps程度と言われています。

でも1Mbpsって体感でどのくらい?と思う方もいらっしゃいますよね?
以下の動画が参考になるかと思いますので載せておきます。
以下動画中の真ん中のスマホがだいたい1Mbpsちょっとの速度です。

※ちなみに左のスマホはLINEモバイル(ソフトバンク回線)と記載されていますが、平日お昼は真ん中のスマホ(1Mbps程度)くらいになりますのでご注意ください。

www.youtube.com

1Mbpsと20Mbps以上の速度が体感ではそれほど変わらないと思いませんか?

また、格安SIMは特に平日お昼(12時台)の速度が遅くなります。みんなが一斉にスマホを使用するからですね。

他社の格安SIMだとこの時間0.2~0.3Mbps(先ほどの動画の右のスマホくらい)になることも多いのですが、LINEモバイルのソフトバンク回線の場合はこの時間帯でも1Mbps程度出ることが多いです。

実際に私が計測してみた結果を以下にまとめていますので参考にしてみてください。

また、LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線から選択できますが、実は速度の面からソフトバンク回線がおすすめです。詳しくは以下の記事をご参考にしてください。


 

デメリット2:完全通話かけ放題が無い

LINEモバイルのデメリット②:完全通話かけ放題が無い

LINEモバイルには「10分電話かけ放題オプション」という1回あたり10分以内の国内通話であれば何回でも無料になるオプションがあります。
しかしながら、10分以上の通話が全てかけ放題になるようなプランや通話オプションはありません

1回あたりの通話時間が長く、月に何回も通話するような方であれば、完全通話かけ放題のプランやオプションがある3大キャリアを選択したほうが良いでしょう。

ちなみに、「LINE通話」であればそもそも通話料金がかかりません。LINE通話にはデータ通信が使用されるのですが、LINEモバイルではLINE通話にかかるデータ通信はデータフリー(月々のデータ容量が減らない)です。
よってLINEモバイル使用の場合、LINE通話であれば完全無料で使用ができます!(減るのはスマホ端末の充電くらい!)

1回あたり10分以上の通話をLINE通話に変えられる方であればLINEモバイルを選択肢に入れるのをオススメします。

しかしながら、お仕事等で長電話をする方であればLINE通話に変えることは難しいかもしれません。その場合はキャリアのままの方が良いと思います。

ちなみに月々の通話時間もデータ通信量も長いという方は、「大手キャリアの電話かけ放題プラン+ポケットWiFi」の組み合わせのほうが安くなる可能性があります。

現在おすすめのポケットWiFiは「縛りなしWiFi」という会社のWiFiです。
初期費用無しで月額3,300円。
詳しくは以下でご紹介しています。気になる方は是非チェックしてみてください。


 

デメリット3:キャリアメールが使えない

LINEモバイルのデメリット③:キャリアメールが使えない

これはLINEモバイルに限ったことではありませんが、大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えると、それまで使っていた大手キャリアのメールアドレス(***@docomo.co.jp、***@ezweb.ne.jpまたは***@au.com、***@softbank.ne.jp)が使えなくなります。

当たり前と言えば当たり前ですけどね。

そのため乗り換える前に、GmailやYahoo!メール等のフリーメールを持っていない方は作成し、LINEモバイルに乗り換えた後はそちらを使うことになります。

ただし最近はメールを使う方も減ってきていますので、あまりデメリットに感じない方も多いかもしれませんね。

 

まとめ

LINEモバイルのデメリット&注意点まとめ

ここまでお話したとおり、LINEモバイルには以下のようなデメリットがあります。

  1. 通信速度が大手キャリアよりは遅い
  2. 完全通話かけ放題が無い
  3. キャリアメールが使えない

ただしどれもLINEモバイルのデメリットというよりは格安SIMのデメリットです。そのため他の格安SIMでも同様のデメリットがあります(例外として、通信速度に関しては格安SIMの中ではUQモバイルとワイモバイルは速度が速いです。しかしながら2年縛りがあったり料金が高くなったりするため注意が必要です。)

通話をあまりしない方やキャリアメールが無くても不便が無い方であればあまりデメリットと感じないかもしれませんね。通信速度についてもLINEモバイル(特にソフトバンク回線)では他社の格安SIMより速めです。

とはいえ料金がとにかくお安いですしメリットもたくさんありますからね。
メリットとデメリットをどちらも把握して、納得した上で乗り換えましょう♪

LINEモバイルのメリットを見る

LINEモバイル公式サイトはこちら



  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

現役女性SE。格安SIM歴約4年。LINEモバイル歴約1年。どこよりも分かりやすいサイトを目指して運営中です^^

-LINEモバイルの特徴

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.