LINEモバイルの特徴

【LINEモバイル】解約方法と費用(違約金・解約金)をまるっと解説

LINEモバイル解約方法&費用(違約金・解約金)解説

念の為、解約方法も知っておきたいな…!
解約方法と解約時にかかる費用を説明していくね!

 

違約金は?”

“他社へMNPする時の手数料は?”

“月の途中で解約すると日割りはある?”

スマホ端末の分割払い金払い終えていないけど…”

解約についてもいろいろ疑問がありますよね。

 

また、
“LINEモバイルに乗り換えたいけど、不満があってすぐ解約したくなったら費用は…”
と気になっていた方もいらっしゃるかもしれません。

 

というわけで、LINEモバイル 「解約方法と解約時にかかる費用」をまるっと解説していきます。

 

LINEモバイルの解約方法

LINEモバイルを解約する方法は以下↓

LINEモバイル解約方法

  1. LINEモバイルのマイページにログイン
  2. 「解約⋅MNP転出」より手続き
簡単だわ♪

 

解約の申し込み当月末日まで受付可能。

ただし月末日に申し込んだ場合は、解約日が翌月末になる場合があります。

いつ申し込んでも解約日は末日付けなので、今月解約しよう!と決めたら早めに申し込みしておくと良いですね、

 

ただし他社へMNP転出する方は、転出先の料金プランの確認や本人確認書類等を準備してから転出手続きを行いましょう。

MNP転出時の予約番号には期限があるためです。

 

そして、解約後はSIMカードの返却が必要。

返却先は、以下公式ページにてご確認ください。

 

LINEモバイル解約時にかかる費用

LINEモバイル解約時にかかる可能性がある費用は以下。

LINEモバイル解約時の費用

  • 解約手数料:1,000円または9,800円
  • MNP転出手数料:3,000円
  • 分割払い中スマホ端末の残金 ※解約後に分割継続も可能

契約内容によっては上記全てかからず0円の場合もあります。

もう少し詳しく解説していきますね↓

 

音声通話SIMを解約・MNPする時の費用

音声通話SIMとは、電話もできるSIMカードのこと。

ほとんどの方がこのSIMで契約しているはずですよ。

 

音声通話SIMを解約する場合にかかる費用は以下の通り↓

費用備考
解約手数料1,000円または9,800円最低利用期間内で解約する場合のみ
MNP転出手数料3,000円単純に解約する場合は不要
スマホ端末分割払い金の残金残金分割払いを継続することも可能

 

解約手数料は「最低利用期間中に解約する場合のみ」かかります。

最低利用期間約12ヶ月

約12ヶ月以上LINEモバイルを使っていれば、解約手数料は0円です。

 

また、契約時期によって最低利用期間と解約手数料は以下のように異なります。

解約手数料?

  • 2019/4/30までに申し込み
    最低利用期間:利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで
    解約手数料:9,800円
    例)2019/1/1が利用開始日だった場合、2020/1/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかる。
    2020/2/1以降だと解約手数料は不要。
  • 2019/5/1以降に申し込み~2019/9/30までに利用開始日を迎えた方
    最低利用期間:利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで
    解約手数料:9,800円
    例)2019/6/1が利用開始日だった場合、2020/5/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかる。
    2020/6/1以降だと解約手数料は不要。
  • 2019/10/1以降に利用開始日を迎えた方
    最低利用期間:利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで
    解約手数料:1,000円
    例)2019/10/1が利用開始日だった場合、2020/9/30までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかる。
    2020/10/1以降だと解約手数料は不要。

2019/10/1以降に申し込んだ方の解約手数料は1,000円のみ!

 

MNP転出手数料(3,000円)は、今の番号そのままで他社へ乗り換える(MNP)する際は必要

単純に解約のみであれば不要です。

 

またスマホ端末を分割払いで払っている方は、解約後も完済まで分割払いを継続しても、一括支払いを選択してもOKです。

分割払いを継続できるのは助かりますね!

 

というわけでここまでわかったことは以下↓

音声通話SIMの解約費用

  • 解約手数料(1,000円または9,800円)※約12ヶ月以内に解約する方のみ
  • MNP転出手数料(3,000円)※他社にMNP転出する方のみ
  • スマホ分割払い金の残金 ※分割払いを継続することも可能

 

 

データSIM・データSIM(SMS付き)を解約する時の費用

データSIM(SMS付き)にはSMS(ショートメール)できる電話番号が付いていますが、これをMNP転出することはできません。(=番号持ち込みで他社に乗り換えることはできません)

というわけで、データSIMデータSIM(SMS付き)の場合は単純な解約のみ

解約時の費用は以下のみです。

費用備考
スマホ端末分割払い金の残金残金分割払いを継続することも可能

 

データSIMとデータSIM(SMS付き)に最低利用期間はありません。

そのため、いつ解約しても解約手数料は0円

 

また、スマホ端末の分割払い金は分割払いを継続することも、残金一括払いを選択することも、どちらも可能です。

 

というわけで、データSIMの解約費用をまとめると以下の通り。

データSIMの解約費用

  • スマホ分割払い金の残金 ※分割払いを継続することも可能

 

 

解約月の料金は日割りになる?

結論からいうと、日割りにはなりません

またLINEモバイルの解約ではなく、オプションを途中で解約した場合も日割りにはなりません。

 

 

まとめ

LINEモバイルをはじめ格安SIMは2年縛りがありません。

そのため、解約費用も安く済んで助かりますね!

また、解約費用が気になってLINEモバイルへの契約に二の足を踏んでいた方も、安心できたのでは?

もし契約がこれからの方は、ぜひトップページからLINEモバイルの特徴や乗り換え方法をご覧になってみてくださいね♪

 

  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

現役女性SE。格安SIM歴約4年。LINEモバイル歴約1年。どこよりも分かりやすいサイトを目指して運営中です^^

-LINEモバイルの特徴

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.