LINEモバイルの特徴

【LINEモバイル】アイフィルターは現在位置情報(居場所)の確認も可能

アイフィルターで位置情報確認OK

 

LINEモバイルはフィルタリングのオプションが無料で、『i-フィルター(アイフィルター)』というソフトを利用可能。

そしてこのアイフィルターで位置情報の確認ができます。

お子様の帰りが遅い…とか、スマホを無くしてしまった…!なんて時には安心ですね。

 

というわけで、アイフィルターの位置情報確認機能についてご紹介します。

 

LINEモバイル公式サイト

 

アイフィルター(iOS向け)では位置情報の確認ができない

まず、アイフィルターiOS(iPhone等)向けAndroid向けがあり、使える機能が少し異なります。

 

i-フィルター for iOSの機能はこちら↓

ios版アイフィルターでできること

出展:http://www.daj.jp/cs/products/smartphone/ifios/func/

 

i-フィルター for Androidの機能はこちらです↓

android版アイフィルターでできること

出展:http://www.daj.jp/cs/products/smartphone/ifandroid/func/

 

iOS向けアイフィルターには、"利用状況確認"の機能の中に"位置情報確認"がありませんね。

ただしこれは、iPhone自体の機能"探す"で確認することが可能

詳しくは、以下のApple公式サイトでご確認ください↓

>> 「探す」で友達を探す/位置情報を共有する|Apple

というわけでiOS(iPhone等)の場合、位置情報確認はiPhone自体の機能で実施となります。

 

では、Android向けアイフィルターの"位置情報確認機能"では、どのように確認ができるでしょうか?↓

 

アイフィルター(Android向け)での位置情報の確認方法

Android向けアイフィルターでは、アイフィルターを入れたスマホの"位置情報の確認"が可能↓

アイフィルター位置情報確認

出展:https://www.daj.jp/shared/php/downloadset/c/parts.php?page=dl&filename=iFA_user_man.pdf

 

また、以下のように"位置情報の履歴"を確認することもできます。

アイフィルター位置情報履歴

 

この機能があれば、お子様がスマホを無くしてしまった時にも探すことができて安心ですね。

 

そして、位置情報を検索する時間帯(初回お申し込み時は「毎日 15:00 ~ 21:59」に設定)と、検索する単位(60分or30分単位)の設定も可能↓

アイフィルター位置情報確認の間隔

学校にいる時間帯や夜間は検索しなくても良いかもしれませんね。

また1日にあまりたくさん検索してしまうと、スマホ自体の充電の減りにも影響してくるでしょう。

まずは初期設定のままで使用してみてはいかがでしょう?

 

LINEモバイル公式サイト

 

 

 

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人
sim-closet

sim-closet

犬の着ぐるみの中身は現役女性SE。格安SIM使用歴5年以上。LINEモバイル歴2年以上。その他格安SIMも使用経験あり。iPhoneメインだけどAndroidも使用中。

-LINEモバイルの特徴
-

© 2020 LINEモバイルのすすめ