格安SIM各社の比較

LINEモバイルと楽天モバイルどっちがいい?4つの項目で比較してみた!

楽天モバイルとLINEモバイル:4項目で比較してみた!

LINEモバイルと楽天モバイルで迷ってるのよね。どっちがいいのかしら…?
どっちも人気の格安SIMだね!4つの項目で比較してどっちがオススメか説明していくね!

LINEモバイル楽天モバイル。どちらも人気なのでどっちがいいか迷っている方も多いはず。

以下の4つの点で、どちらがいいか比較してみたいと思います!

  1. 料金
  2. データフリー
  3. サポート
  4. 顧客満足度・推奨度

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

1.[LINEモバイル・楽天モバイル]料金で比較

[LINEモバイル]料金プラン

LINEモバイルの料金プランは以下の通り。

プラン名容量データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
ベーシックプラン500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

 

LINEモバイルでは、通話料金は上記の料金に含まれていません。かけた分だけかかります。

(20円/30秒。LINEモバイル専用通話アプリからかけた場合は10円/30秒。)

 

ただしオプションとして、1回あたり10分以内の国内通話が何回でも無料になる「10分電話かけ放題(880円/月)」があります。

毎月通話をかなりする方であればこれをつけたほうが良いですね。

「10分かけ放題」オプションで得する人は?

10分電話かけ放題オプションの料金は880円。

880円あれば、LINEモバイルの通話アプリからかけると約44分通話できます(880円÷20円/分=44分)。

よって、1回あたり10分以内の通話を合計で月に44分以上する方であれば10分かけ放題オプションをつけた方お得です!
(例:1回あたり8分の通話を月に6回=48分ならオプションを付けたほうがお得)

 

[楽天モバイル]料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」の2種類あります。

 

「スーパーホーダイ」は、1回あたり10分以内の無料通話付きのプランで、1年目は割引があってお得。

また、月々の容量を使い切っても最大1Mbpsの通信速度が出るとのことで人気のプランです。
(ただし、通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps)

 

「組み合わせプラン」は、無料通話が付いていないプランです。

通話料は20円/30秒でかけた分だけかかります。
(ただし、楽天の通話専用アプリ「楽天でんわ」を使って電話をかけた場合は10円/30秒。)

 

通話をあまりしない方は「組み合わせプラン」の方がオススメ。

ただし、1年目の割引に惹かれて&容量を使い切っても1Mbpsの速度が出ると謳っているため、「スーパーホーダイ」を選ぶ方が多いようですね。

 

それぞれの料金表は以下の通り。

【スーパーホーダイ】

※ドコモ回線のみ

容量料金
2GB(プランS)2,980円
6GB(プランM)3,980円
14GB(プランL)5,980円
24GB(プランLL)6,980円

※楽天会員割:1年間1,500円割引
※ダイアモンド会員割:1年間500円割引(ダイアモンド対象月のみ)

 

【組み合わせプラン】

※ドコモ回線またはau回線

容量データSIM
※ドコモ回線のみ
データSIM(SMS付き)
※ドコモ回線
またはau回線
通話SIM
※ドコモ回線
またはau回線
ベーシック※1525円645円1,250円
3.1GB900円1,020円1,600円
5GB1,450円1,570円2,150円
10GB2,260円2,380円2,960円
20GB4.050円4,170円4,750円
30GB5,450円5,520円6,150円

※1:通信速度は最大200kbps(3.1GB以上のプランのデータ容量を超えた場合の制限時と同等。)

 

 

[LINEモバイル・楽天モバイル]料金の比較結果

データSIM・音声通話SIM・音声SIM…って何?

まず、LINEモバイルと楽天モバイルはそれぞれ以下のようにサービスタイプの種類があります。

■LINEモバイル

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

■楽天モバイル

  • データSIM
  • データSIM(SMS付き)
  • 音声SIM

 

各社名称が異なりますが、LINEモバイルと楽天モバイルは名称が似ていて分かりやすいですね。

LINEモバイルの「音声通話SIM」と楽天モバイルの「音声SIM」は同じ意味を指しています。

070/080/090の電話番号で通話できる機能が欲しい方がほとんどかと思います。

そのためほとんどの方はLINEデータモバイルなら「音声通話SIM」、楽天モバイルなら「音声SIM」を選べばOKです。

 

また、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は1回あたり10分以内の通話無料がついていることからも分かる通り、「音声SIM」のみで提供されています。

なるほど!私もLINEモバイルなら音声通話SIM、楽天モバイルなら音声SIMを選べば良さそう!
そうだね!僕も音声通話SIMだよ♪

 

では続いて、肝心の料金の比較をしていこう!

まず、料金プランの種類は以下の通り。

  • LINEモバイル500MB、3GB、6GB、12GB
  • 楽天モバイル
    【スーパーホーダイ】2GB、6GB、14GB、24GB
    【組み合わせプラン】容量制限無し(ただし低速回線のみ)、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GB

 

最小データ容量プランは、LINEモバイルは500MB、楽天モバイルはスーパーホーダイが2GBで組み合わせプランが3.1GB。

ただし組み合わせプランには、容量制限が無い代わりに低速通信のみが使用できる「ベーシックプラン」というものがあり、コレが一番お安いです。

 

それぞれの一番お安いプランの料金を比べてみると以下の通り。

※音声通話SIM(音声SIM)、LINEモバイルはLINEフリープランの場合

最安料金プラン料金
LINEモバイル:500MB1,100円
楽天モバイル:スーパーホーダイ プランS(2GB)2,980円
※ただし、1年目のみ&ダイアモンド会員の月は980円。
楽天モバイル:ベーシックプラン ※低速通信のみ1,250円

 

月々のデータ使用量が500MB以下で通話もあまりしない方であれば、LINEモバイルの500MBプランが良いですね。

 

10分以内の通話を月にたくさんする方であれば楽天モバイルのスーパーホーダイが良さそうに見えます。

しかしながら、LINEモバイルにも880円/月で「10分電話かけ放題」というオプションがあります。

 

また、楽天モバイルは1年目だけ安いとか縛りがあるとかダイアモンド会員の場合…等ややこしいので、2年間の料金で比較してみましょう。

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

「LINEモバイル:3GB+通話オプション」と「楽天モバイル:スーパーホーダイ2GB+ダイアモンド会員」料金比較

まず、以下のプランと条件で比較してみます。

  • LINEモバイル3GBプラン + 10分電話かけ放題オプション
  • 楽天モバイルプランS(2GB)、1年目は毎月ダイアモンド会員

ここでのポイントは楽天モバイルの1年目が毎月ダイアモンド会員ということです。

楽天のヘビーユーザーということが前提ですね。

この場合の両者の料金は以下。

LINEモバイル月々の料金2年間合計
3GBプラン + 10分電話かけ放題オプション1,480円 + 880円 = 2,360円56,640円
楽天モバイル
[スーパーホーダイ]
月々の料金(1年目)月々の料金(2年目)2年間合計
プランS(2GB)
※1年目は毎月ダイアモンド会員
980円2,980円47,520円

 

楽天モバイルの方が安いですね!

ただし、LINEモバイルの10分かけ放題オプションは途中で外すことも出来るため、あまり通話しないしやっぱり必要なかった〜といった場合は2年間合計でも料金が逆転する可能性はあります。

「10分かけ放題」オプションで得する人は?

10分電話かけ放題オプションの料金は880円。

880円あれば、LINEモバイルの通話アプリからかけると約44分通話できます(880円÷20円/分=44分)。

よって、1回あたり10分以内の通話を合計で月に44分以上する方であれば10分かけ放題オプションをつけた方お得です!
(例:1回あたり8分の通話を月に6回=48分ならオプションを付けたほうがお得)

また、LINEモバイルの方が月々の容量が1GB多い点も考慮が必要。

 

また、ここで注意!

楽天モバイル2年目以降の料金に注目して下さい。

楽天モバイルの2年目の料金は2GBで2,980円ですが、LINEモバイルなら3GBプランに10分電話かけ放題オプションをつけても2,360円です。

LINEモバイルのほうが、1GB多く使えるのに料金が毎月600円ほど安いのです。

 

要するに、楽天モバイルは2年目以降が割高ということ。

そのため楽天モバイルの場合、途中でLINEモバイルをはじめ他社の格安SIMに乗り換えることを検討したほうが良いかもしれません。

 

ただし2GBのプランSでも以下のような場合、単純に料金だけでの比較は出来ません。

そのため判断が難しいところではあります。

  • 毎月3GB以上使っている
  • 高速データ通信のデータ容量を使い切っても1Mbps」の恩恵を受けている

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

「LINEモバイル:3GB+通話オプション」と「楽天モバイル:スーパーホーダイ2GB」料金比較

続いて比較するプランと条件は以下。

  • LINEモバイル3GBプラン + 10分電話かけ放題オプション
  • 楽天モバイルプランS(2GB)

 

楽天はそこまでヘビーユーザーじゃないからダイアモンド会員では無いな、という方の場合の比較ですね。

 

この場合の両者の料金は以下。

LINEモバイル月々の料金2年間合計
3GBプラン + 10分電話かけ放題オプション1,480円 + 880円 = 2,360円56,640円
楽天モバイル
[スーパーホーダイ]
月々の料金(1年目)月々の料金(2年目)2年間合計
プランS(2GB)1,480円2,980円53,520円

2年間合計はどちらもほぼ同じとなりました。

また、LINEモバイルで通話オプションが不要であればさらにお安くもできます。

10分かけ放題はホントに必要か?は検討してみてくださいね。(最近は通話する方が減っていますからね。)

「10分かけ放題」オプションで得する人は?

10分電話かけ放題オプションの料金は880円。

880円あれば、LINEモバイルの通話アプリからかけると約44分通話できます(880円÷20円/分=44分)。

よって、1回あたり10分以内の通話を合計で月に44分以上する方であれば10分かけ放題オプションをつけた方お得です!
(例:1回あたり8分の通話を月に6回=48分ならオプションを付けたほうがお得)

 

またこの比較では、月々のデータ容量はLINEモバイルの方が1GB多いです。

そのため、これくらいの料金差ならLINEモバイルの方が良いでしょう。

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

ではもう一つ、通話をあまりしない方向けに以下を比較してみましょう。

  • LINEモバイル3GBプラン(通話オプション無し)
  • 楽天モバイル プランS(2GBプラン)

 

「LINEモバイル:3GB」と「楽天モバイル:スーパーホーダイ2GB」料金比較

比較するプランと条件は以下のとおり。

  • LINEモバイル3GBプラン
  • 楽天モバイルプランS(2GB)、1年目は毎月ダイアモンド会員

 

楽天モバイルの方は、スーパーホーダイなので無料通話は自動的についてきます。

そして、一番お安くなるダイアモンド会員の場合で比較してみます。

 

この場合の両者の料金は以下。

LINEモバイル月々の料金2年間合計
3GBプラン1,480円35,520円
楽天モバイル
[スーパーホーダイ]
月々の料金(1年目)月々の料金(2年目)2年間合計
プランS(2GB)
※1年目は毎月ダイアモンド会員
980円2,980円47,520円

 

LINEモバイルのほうが1万円以上安い

 

楽天モバイルは1年目の980円に惹かれがちですが、長い目で見るとLINEモバイルの3GBプランの方が1GB多く高速通信が使えて料金も安い

通話をあまりしない方はLINEモバイルの3GBプランの方が良いかもしれませんね。

(ただし、LINEモバイルは3GBを使い切ると最大200kbpsになります。
楽天モバイルだと2GBを使い切ると最大1Mbps。毎月3GB以上は使う&1Mbpsあれば十分という方であれば楽天モバイルを選択するのもあり。)

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

「LINEモバイル」と「楽天モバイル:組み合わせプラン」料金比較

最後に、楽天モバイル「組み合わせプラン」の方でも比較してみましょう。

 

比較結果は以下の通り。 ※音声通話SIMでの比較

LINEモバイル楽天モバイル
[組み合わせプラン]
ベーシックプラン ※最大200kbps-1,250円
500GB1,100円-
3GB ※楽天は3.1GB1,480円1,600円
5GB-2,150円
6GB2,200円-
10GB-2,960円
12GB3,200円-
20GB-4,750円
30GB-6,150円

 

全体的にLINEモバイルの方がお安め

ただしこれくらいの料金差であれば、他の項目での比較結果も加味したほうが良さそうです。

 

また、楽天モバイルには500MBプランが無く、最大速度200kbpsのベーシックプランしかありません。

しかもLINEモバイルの500MBプランよりお高い。

そのため月々500MB以下の方であればLINEモバイルの方が良さそうですね。

(ちなみに、LINEモバイルではLINEフリーオプションが0円。そのため、LINE以外で500MB使えます。)

 

また、楽天モバイルは20GBを超えるプランも用意されています。

そのため10GB以上の場合は楽天モバイルがオスス…と言いたいところですが、10GBを超えるデータ通信量が必要な方の場合、大手キャリアのような高速通信が無いと不満に思う方も多いはず。

そのため、そういった方は格安スマホ+モバイルWiFi(ポケットWiFi)の組み合わせを検討することをオススメします。

格安スマホは最低容量のプランで契約し、データ通信はモバイルWiFiの方を使うということです。

最近のモバイルWiFiは容量無制限のものも月々3,000円台で契約可能。

月々のデータ使用量が多い方は、「格安スマホ+モバイルWiFi」が最強ですよ!

 

ちなみに現在おすすめのモバイルWiFiは「契約期間の縛りがない」もの。

少し前に「縛りなしWiFi」というWiFiがはやっていましたが、現在はこの他にも契約期間の縛りがない会社が多数あります。

以下で比較していますので、ぜひご一読ください↓

縛りがないWiFi
契約期間の縛り無し違約金無しモバイルWiFi比較
契約期間の縛りも違約金も無し!ポケットWiFi5社比較(クラウド/FUJI/最安値保証/縛りなし/Nomad)

  契約期間が2年&更新月以外に解約すると違約金がかかる、そんなポケットWiFiって多いですよね。 実際、ほとんどのポケットWiFiは契約期間が2年か3年です。   でもそんな契約 ...

続きを見る

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

[LINEモバイル・楽天モバイル]料金の比較結果まとめ

月々3GBくらいだしLINEをよく使うから、LINEモバイルの3GBプランにしようかな!

と、いうわけでここまでをまとめると以下のようになります。

どっちがおすすめ?(料金比較)

  • 2~3GB/月&通話が多い&1年目が毎月ダイアモンド会員:楽天モバイル
  • 2~3GB/月&通話が多い:LINEモバイル
  • 2~3GB/月&通話が少ない:LINEモバイル
  • 月々のデータ使用料が多い(目安10GB以上):格安スマホ+モバイルWiFiがおすすめ
  • 高速通信を使い切っても1Mbpsでデータ通信をしたい方:楽天モバイル

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

2.[LINEモバイル・楽天モバイル]データフリーで比較

「データフリー」とは、特定のサービスを利用した際のデータ通信が月々のデータ容量にカウントされない機能です。

要するに特定のサービスを利用している時はギガが減らないということ。

いつも使っているアプリがデータフリーなら、データ容量を気にせず使えるのでお得!

また、自分が想定していたよりも少ないデータ容量プランでまかなえる可能性もあります

 

[LINEモバイル]データフリー

全てのプランで「LINEデータフリーオプション」が0円で付けられます。

そのためLINEのデータ通信量がタダ。

要するにLINEを使っている間はギガが減らず、LINE以外で500MB使えるということです。

普段LINEをよく使う方で月々のデータ使用量が1GB程度の方であれば、LINEモバイルのLINEフリー500MBプランでも大丈夫かもしれません。

 

3GB以上のプランには、LINEデータフリーの他に「SNSデータフリーオプション」または「SNS音楽データフリーオプション」をつけることができます。

オプション料金とデータフリー対象サービスは以下のとおり↓

オプション名料金データフリー対象サービス
LINEデータフリー0円LINEフリー
LINE
SNSデータフリー+280円SNSフリーオプション
LINE

Twitter
Facebook
SNS音楽データフリー+480円MUSIC+
LINE

Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC

 

これらをよく使う方はデータ通信量を気にせず使えるのでいいですね!

そして、月々のデータ使用量が3GBちょっとなんだよなぁという方は、他社だと5GBや6GBプランを選択しなければならないと思いますが、LINEモバイルなら3GBプラン+データフリーオプションで足りる可能性があります。

 

実際私も3GBプランなのですが、他社の格安SIMを使っていた時は3GBで足りなくなることがありました。

その時はデータ容量を買い足していたのですが、買い足せるデータ容量ってちょっと割高なのですよね。

しかしながらLINEモバイルにしたところ3GBでも余るようになりました!

 

しかもデータ容量を使い切って通信速度制限がかかってしまった場合でも、データフリー対象のSNSは速度制限がかかりません

これも嬉しいメリットですね♪

 

[楽天モバイル]データフリー

楽天モバイルにはデータフリーはありません。

また、オプションにもそういったものはありませんでした。

 

[LINEモバイル・楽天モバイル]データフリーの比較結果

LINEモバイルにはプランによって以下のデータがフリーとなり月々のデータ容量が減りません。

  • LINE ※全オプションで対象
  • Twitter ※SNSデータフリー、SNS音楽データフリーオプションで対象
  • Facebook ※SNSデータフリー、SNS音楽データフリーオプションで対象
  • Instagram ※SNS音楽データフリーオプションで対象
  • LINE MUSIC ※SNS音楽データフリーオプションで対象

 

一方、楽天モバイルにはこういったデータフリーはありません。

 

LINE/Twitter/Facebook/Instagram/MUSIC+のうちどれかをよく使う方であれば、データ使用量を気にせず使えるのでLINEモバイルが圧倒的にオススメです!

私はLINEをよく使うし月々3GBくらいだから、やっぱりLINEモバイルの3GBプランがいいかも!

どっちがおすすめ?(データフリー比較)

  • LINE/Twitter/Facebook/Instagram/MUSIC+のうちどれかをよく使う方:LINEモバイル
  • LINE/Twitter/Facebook/Instagram/MUSIC+は全然使わない方:料金でお安い方がオススメ

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

3.[LINEモバイル・楽天モバイル]サポートで比較

これは比較がなかなか難しいのですが、何か困ったことがでてきた際にどういう手段で解決できるのか?どういう問い合わせ方法があるのか?を見ていきたいと思います。

[LINEモバイル]サポート

LINEモバイルのサポートページは以下。

「よくある質問・用語集」や「初期設定・使い方」といった感じでまとめられており、また画像つきで解説されています。だいたいのことはここで調べて解決できるかと思います。

 

ここで分からなかった場合は以下の方法で問い合わせが可能。

  • AIチャット
  • いつでもヘルプ(自動応答時間:24時間、オペレーター応答時間:10:00~19:00)
  • メール
  • 電話(受付時間:10:00〜19:00(年中無休))

 

「AIチャット」と「いつでもヘルプ」って何?
どちらも手軽に問い合わせできて便利だよ!

「AIチャット」LINEモバイルのサポートページでチャット形式で質問できる機能。AIによる自動応答ですが、その場で回答がもらえるので便利です。

「いつでもヘルプ」LINEのトーク画面で質問ができる機能。いつも使っているLINEも画面で問い合わせができ、オペレーターにも繋がるので便利です。

 

[楽天モバイル]サポート

楽天モバイルのサポートページは以下です。

こちらは、自分の質問したい内容を選択していくと、「よく閲覧されているご質問」が表示されます。分かりやすくて良さそうですね。

 

問い合わせ方法は以下の通り。

  • AIチャット
  • 楽天モバイル SIMアプリ(9:00~24:00)
  • 電話(9:00~18:00(年中無休))

こちらは選択できる手段が少ないですが、これだけあれば十分では無いでしょうか?

でも、メールで質問できないのは珍しいような気がしますね。

 

[LINEモバイル・楽天モバイル]サポートの比較結果

LINEモバイルも楽天モバイルも問い合わせの体制に大きな差は無いように思われます。

ただし、楽天モバイルは実店舗も多いので、店舗で問い合わせ出来たほうが安心…!という方はそういった点で楽天モバイルを選択するのはあり

ただし、おそらく使ってみて質問したくなるのは契約時の初期設定の時くらいかと。

今までサポートにどのくらい問い合わせたことがあるか?といったことを想像して、この比較項目自体が重要かどうか考えてみると良いかと思います!

こんな方におすすめ

  • 実店舗で質問したい:楽天モバイル
  • 今まであまり問い合わせしたことがない:どっちでもOK!

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

4.LINEモバイル・楽天モバイル:顧客満足度・推奨度で比較

MMD研究所の2019年3月の調査で比較してみたいと思います。

 

この調査では、「顧客満足度」「顧客推奨度」の調査がされています。

「顧客満足度」は、『総合満足度』に加え、『コストパフォーマンス』『データ通信品質・安定性』項目別の満足度調査もされています。

格安SIMはデータ通信品質や安定性に欠けると言われていますので、ここは特に注目したいところですね!

 

また、「顧客推奨度」ってあまり耳にしたことが無いかもしれません。

この調査は、”利用している格安SIMサービスを家族や友人にオススメしたいかどうか10点満点の点数を付ける"という方法で算出されています。
実際に使用している方が身近な方にオススメ出来るかどうか?の調査なので、かなり説得力がありそうですね!

 

と、いうわけでここでは『総合満足度』『データ通信品質・安定性の満足度』「顧客推奨度」の3つを比較してみましょう!
結果はこちら!

2019年3月調査結果LINEモバイル楽天モバイル
総合満足度5位圏外(6位以下)
データ通信品質・安定性の満足度2位圏外(6位以下)
顧客推奨度1位6位

 

楽天モバイルはあまり評価が良くないようですね。

これは私の想像ではありますが、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」1年目はとても安く見えます

これは通話を結構する方であればお安くはなるのですが、それでも2年目以降or3年目以降に結構割高に感じると思います。

 

そして通信速度も、楽天モバイルは「格安SIMの中で遅い」「通信速度が安定しない」と言われていたりします。

通信速度の面ではLINEモバイルの方が「安定して速め」と言われているためオススメですよ。

(上記満足度調査結果の「データ通信品質・安定性の満足度」が2位という結果が証明していますね。)

どっちがおすすめ?(顧客満足度・推奨度比較)

  • 総合満足度:LINEモバイル
  • データ通信品質・安定性の満足度:LINEモバイル
  • 顧客推奨度:LINEモバイル

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

まとめ

LINEモバイル楽天モバイル、以下の4つの点でどっちがオススメか比較してみました!

  1. 料金
  2. データフリー
  3. サポート
  4. 顧客満足度・推奨度

 

料金だけで選ぶなら、楽天モバイルの方がお安くなるパターンが多いのでオススメ。

また、通話をたくさんする方であれば楽天モバイルの[スーパーホーダイ]は魅力的に感じるでしょう。

 

ただし、LINEモバイルには以下のデータ通信量がタダ(ギガが減らない)になる「データフリー」があるため、こちらも考慮して考えることをオススメします!

  • LINE ※全オプションで対象
  • Twitter ※SNSデータフリー、SNS音楽データフリーオプションで対象
  • Facebook ※SNSデータフリー、SNS音楽データフリーオプションで対象
  • Instagram ※SNS音楽データフリーオプションで対象
  • LINE MUSIC ※SNS音楽データフリーオプションで対象

 

サポートに関しては、楽天モバイルは実店舗が多いことから楽天モバイルの方がオススメ

ただし、今まで問い合わせってあまりしたことが無いなぁって方はあまり気にしなくて良いかも!

 

顧客満足度・推奨度LINEモバイルの方がかなり良いです。

実際に使っている方の評価は重要視すべきと考えます。

LINEモバイルと楽天モバイルのどっちにしようか?と迷っている方の参考になれば幸いです!

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

楽天モバイル公式サイトはこちら

  • この記事を書いた人
LINEモバイルの先生

LINEモバイルの先生

犬の着ぐるみの中身は現役女性SE。格安SIM使用歴4年以上。LINEモバイル歴1年半。最近はモバイルWiFiにどハマり中。チョコ好き。

-格安SIM各社の比較

Copyright© LINEモバイルのすすめ , 2020 All Rights Reserved.