スマホ端末

LINEモバイル:子供用スマホ端末の選び方とおすすめ端末

子供向けスマホ端末の選び方&おすすめ端末

 

”子供にそろそろスマホを持たせたい。LINEモバイルで契約しようかな?でもどの端末がいいんだろう…”

そんな風に思っている方は多いかと思います。

そして、”子供”といっても小学生と中高生とでは求める機能や性能も異なるはず。

というわけでこの記事では、”小学生向け””中高生向け”に分けて、

  • スマホ端末の選び方
  • おすすめスマホ端末(LINEモバイルでセット購入できるものの中から)

をご紹介します。

 

※端末の価格は2020年7月確認時点のものです。最新価格はLINEモバイル公式サイトでご確認ください。

LINEモバイル公式サイト

 

小学生〜高校生共通:子供用スマホ端末の選び方

まず小学生〜高校生向けのスマホとして、共通して抑えるべきポイントはこちら↓

小学生〜高校生向け端末:抑えるポイント

  1. フィルタリングソフトは導入可能か?
  2. iPhoneAndroidか?
  3. 防水機能の有無

 

1. フィルタリングソフトは導入可能か?

まず、18歳未満の利用者のスマホにはフィルタリングソフトの使用が必須

 

フィルタリングソフトとは、インターネットをしている際に有害なサイトへアクセスするのを防ぐためのソフトのことです。

また、利用時間を制限したり、アプリの利用を制限したりする機能があったりもします。

 

フィルタリングソフト義務化

 

そして、LINEモバイルでは『i-フィルター(アイフィルター)』というフィルタリングソフトが無料で提供されています。

申し込みは必要ですが無料で使えます。

 

ただし、少し前に販売されていて以下の端末は、i-フィルターの利用が停止されてしまうなどの事象が確認されているため、i-フィルターの使用は非推奨とのこと。

i-フィルター非推奨の端末

  • HUAWEI P20
  • HUAWEI P20 lite
  • HUAWEI nova lite 2
  • HUAWEI P10
  • HUAWEI P9 lite
  • OPPO R15 Neo
  • OPPO R17 Pro

そのためお子様用スマホ端末は、上記スマホを避けて選ぶことをオススメします。

ただし2019年2月現在、LINEモバイルでセット購入できる端末の中に非推奨の機種はありません。

そのためLINEモバイルでセット購入する場合は問題ありませんが、ご両親のお古のスマホを使う、中古スマホ販売店で購入する、といった場合は注意してください。

 

ココまでのポイント

  • フィルタリングソフト『i-フィルター』の導入非推奨の端末は避けましょう

 

また、i-フィルターの詳細は以下の記事も参考にどうぞ↓

アイフィルター
LINEモバイルフィルタリング無料
LINEモバイルはフィルタリング無料&子供は必須:機能&利用イメージ

LINEモバイルには『フィルタリングオプション』がありますが、料金は無料。タダで使えます。 しかもソフトはセキュリティエンジニアなら誰しもが知っているだろう「i-フィルター(アイフィルター)」。(実際 ...

続きを見る

居場所の確認
アイフィルターで位置情報確認OK
【LINEモバイル】アイフィルターは現在位置情報(居場所)の確認も可能

  LINEモバイルはフィルタリングのオプションが無料で、『i-フィルター(アイフィルター)』というソフトを利用可能。 そしてこのアイフィルターで位置情報の確認ができます。 お子様の帰りが遅 ...

続きを見る

 

2. iPhoneかAndroidか?

iPhoneかAndroidか?

これは一長一短のため何とも言えませんが、小学生のお子様が使う場合は、ご両親が使い慣れている方を使うことを強くオススメします。

 

実際私はiPhoneを長く使用していて先日Androidを使う機会があったのですが、なかなか細かい設定まで理解するのに時間がかかりました。

ご両親が設定に手間取ると大変ですからね。

 

またAndroidの場合、同じAndroidでもメーカーによって中身がカスタマイズされているため、設定できる内容や設定方法・初期値が異なる場合があります。

そのためAndroidを選択する場合、ご両親ができるだけ使い慣れたメーカーのものを選択することをオススメします。

 

ただし、中高生なら端末選びはある程度任せてもよいかもしれません。

とはいえお金を払うのはご両親ですし、また、ご両親が何も分からない端末を持たせるのはNGですよ!

 

ちなみにiPhoneの場合、2020年4月21日現在、LINEモバイルでセット購入できるのはiPhone7のみになりました。

 

ココまでのポイント

  • (小学生向けスマホ)iPhoneかAndroidかは、ご両親が使い慣れた方がオススメ
  • (小学生向けスマホ)Androidならメーカーもご両親が繋い慣れたものがオススメ
  • (中高生向けスマホ)ある程度お子様が選んでも良いかも(ただしご両親も勉強しましょう!)
  • コスパの良さならAndroid
  • LINEモバイルでセット購入できるiPhoneiPhone7のみ

 

3. 防水機能の有無

スマートフォン防水機能

必須ではないと思いますが、できればあると嬉しい機能。

防水機能があれば雨の日や雪の日でも気兼ねなく使えます。

また、高校生くらいになるとお風呂でスマホを使いたいお子様も増えるのでは?

そういう要望がある場合は、防水機能のある端末がオススメです。

 

小学生向け:子供用スマホ端末の選び方

小学生向けのスマホ端末を選ぶために抑えるべきポイントはこちら↓

小学生向け端末:抑えるポイント

  1. キッズモードの有無
  2. スマホ端末の大きさ重さに注意

 

詳しく見ていきましょう。

 

1. キッズモードの有無

もし小学生かつ初スマホの場合、スマホの操作に慣れていなかったり、使用するアプリが多くないため一つの画面に表示されるアイコンの数が少ない方が使いやすかったりするかもしれません。

そういった場合、『キッズモード』や『簡単モード』がある端末がオススメです。

 

例えば、AQUOS sense3 SH-M12には以下のような簡単モードがあるため、初めてのスマホなら使いやすいと思いますよ。

aquos-sns3_sub03

 

ココまでのポイント

  • 初スマホなら『キッズモード』や『簡単モード』のあるものがオススメ

 

2. スマホ端末の大きさ・重さに注意

 

最近のスマホはどんどん大型化しており、6インチを超えるものが多数。

そのような大型スマホは、小さい手のお子様だと扱いにくいでしょう。

また、質量も重いものだとカバンも重くなりますし、操作もしづらいのでオススメしません

 

ちなみにLINEモバイルで扱っている端末のうち、最小端末(5.5インチ)と最大端末(6.6インチ)だと横幅が7mm以上、縦も15mm以上違います。

大きい端末だと大人でも片手で操作するのは厳しいですよね。

 

重さについても、LINEモバイルでセット購入できる端末だと、最軽量と最重量のスマホで50g以上の差。

50gというと卵1個分くらいです。

今お使いのスマホに卵1個上に乗せて使うとしたら、かなり重いですよね。

 

というわけで小学生のお子様が使うなら、小型かつ軽量なものがおすすめです。

 

ココまでのポイント

  • 小さな手のお子様なら小型かつ軽量なものがオススメ

 

小学生向け:LINEモバイルで購入できる子供用おすすめスマホ端末

ここまでをまとめると、小学生向けスマホ端末を選ぶポイントは以下のとおり↓

小学生向け端末を選ぶポイント

■小学生〜高校生共通

  1. フィルタリングソフトは導入可能か?
    →フィルタリングソフト『i-フィルター』の導入非推奨の端末は避けましょう
  2. iPhoneかAndroidか?
    →iPhoneかAndroidかは、ご両親が使い慣れた方がオススメ
    Androidならメーカーもご両親が繋い慣れたものがオススメ
    iPhoneならiPhone7がオススメ
  3. 防水機能の有無
    →雨の日や雪の日でもあると安心

■小学生向け

  1. キッズモードはあるか?
    →初スマホなら『キッズモード』や『簡単モード』のあるものがオススメ
  2. スマホ端末の大きさ・重さに注意
    →小さな手のお子様なら小型かつ軽量なものがオススメ

 

これらを総合して、LINEモバイルでセット個購入できる端末のうちおすすめな端末はこちら↓

おすすめ端末(小学生編)

 

総合的におすすめ:AQUOS sense3 SH-M12

AQUOS sense3 SH-M12 スペック
キッズモード
(簡単モードはあり)
大きさ5.5インチ
重さ約167g
防水機能-
価格分割払い(24回):1,590円/月
一括払い:35,800円

AQUOS sense3 SH-M12は、CPUスペック(Qualcomm® Snapdragon™ 630オクタコア)も悪くなく、防水機能もあります。

サイズも5.5インチと小さくお子様でも持ちやすいと思いますよ。

 

▼AQUOS sense3 SH-M12の詳細を見る▼

LINEモバイルでスマホ端末を見る

※端末セール実施中!

 

iPhoneなら:iPhone7

iPhone7スペック
キッズモード-
大きさ4.7インチ
重さ約138g
防水機能-
価格【128GB】
分割払い(24回):2,050円/月
一括払い:46,800円
【32GB】
分割払い(24回):1,800円/月
一括払い:40,800円

iPhone7はサイズも小さくていいですよね。

親御さんがiPhoneをお使いであればiPhoneを選ぶのもありかと思います。

 

▼iPhone 7の詳細を見る▼

LINEモバイルでスマホ端末を見る

※端末セール実施中!

 

ただし、"うちの子は手も大きいしキッズモードとか無くてもいいんだけどなぁ"という方は、次の”中高生向けおすすめ端末”も参考にしてください。

 

中学生・高校生向け:子供用スマホ端末の選び方

中学生・高校生ともなると、ゲームやSNS、写真を撮ってInstagramに投稿したりする子も増えるでしょう。

また良くも悪くもスマホを操作する時間が増えるため、バッテリー容量もある程度あった方が良さそうです。

というわけで、中高生向けのスマホ端末を選ぶために抑えるべきポイントはこちら↓

中高生向け端末:抑えるポイント

  1. 動作スペック(CPU/メモリ)に注目
  2. バッテリー容量に注目
  3. カメラに注目

 

詳しく見ていきましょう。

 

1. 動作スペック(CPU/メモリ)に注目

cpu

中学生や高校生だとスマホを使う時間はどうしても長くなるでしょう。

また、ゲーム(その中でも特に、高画質なロールプレイングゲーム等)をする場合、CPUやメモリはある程度高スペックなものがオススメです。

そうじゃないと、"お母さん!このスマホ遅すぎて嫌だ!!"ってことになりかねません。

 

そういった動作スペックが高いものを求めるなら、CPUメモリに注目しましょう。

個人的には、これくらいのスペック以上ものを選ぶのがおすすめ↓

高スペックスマホを選ぶ基準

  • CPU:Snapdragon 710以上、HUAWEI Kirin 810以上
  • メモリ:6GB以上

※以下サイトを参考にさせていただきました。ある程度こういって数字が理解できる方なら、めちゃくちゃ参考になります!
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

CPUもメモリも、数字が大きければ大きいほどスペックが良いです。

また動作の速さを求めるなら、CPUは種類はもちろん数も重要です。

ただし最近の機種はほとんどがオクタコア(CPU4つ)。そのためここでは説明を省きます。

 

そしてこういった動作スペックが高い端末は価格も上がる傾向にあり、また、一括払いしかできない端末も多いです。

そのため分割払いで購入したい方は、スペックとのバランスを考えて端末選びすることをオススメします。

 

ココまでのポイント

  • おすすめスペック↓
    CPU:Snapdragon 710以上、HUAWEI Kirin 810以上
    メモリ:6GB以上
  • 高スペックな端末は高額になる傾向があり、一括払いのみの端末も多い

 

LINEモバイル公式サイト

 

2. バッテリー容量に注目

バッテリー容量

いくらスペックがよくても使いすぎてバッテリーがすぐ無くなってしまっては仕方がありません。

最近はモバイルバッテリーもお安く軽量なものがたくさん出ているので、併用するのもありでしょう。

とはいえ少しでも持ちが良い、大容量バッテリーのものが良いですよね。

目安はこちら↓

大容量バッテリーの目安

  • バッテリー容量:3,600mAh以上(できれば4,000mAh以上)

 

なかには4,000mAh・5,000mAhあるものもありますが、CPUスペックが低めな端末も。

そのため、3,600mAhを目安にバランスのよい端末を選択することをオススメします。

 

ココまでのポイント

  • 大容量バッテリーを求めるなら3,600mAh以上のものを(できれば4,000mAh以上)

 

LINEモバイル公式サイト

 

3. カメラに注目

スマホカメラ

最近スマホのカメラは、性能の良いものが多いですね。

注目すべきポイントはこちら↓

  • 画素数
  • カメラの数と種類

 

やはり画素数は大事。鮮明さが違ってきますからね。

また、自撮りをする方はインカメラの画素数にも注目です。

 

カメラの種類も機種によって以下のようにさまざまあります。

  • 広角(超広角)
  • 望遠
  • マクロ
  • 被写界深度

よく撮る場面を想像して、適したカメラがある端末を選ぶことをオススメします。

ちなみに"被写界深度"カメラは、例えば、被写体を強調し周りをぼかしたような立体感のある写真が撮れます。(ポートレートカメラと同様かなと思います)

nova5t_sub01_04

画像出展:https://mobile.line.me/device/huawei-nova-5t/

中高生でInstagramをする方なんかはこの"被写界深度"カメラがあるとおしゃれな写真が撮れてオススメです。

 

ココまでのポイント

  • 画素数に注目(自撮りする方はインカメラの画素数も)
  • よく撮る場面を想像して、適したカメラがある端末を選びましょう
  • "被写界深度"カメラは周りをぼかした写真が撮れてオススメ

 

LINEモバイル公式サイト

 

中学生・高校生向け:LINEモバイルで購入できる子供用おすすめスマホ端末

ここまでのポイントをまとめてみましょう↓

中高生向け端末を選ぶポイント

■小学生〜高校生共通

  1. フィルタリングソフトは導入可能か?
    →フィルタリングソフト『i-フィルター』の導入非推奨の端末は避けましょう
  2. iPhoneかAndroidか?
    お子様に選んでもらっても良いかも(ただしご両親も勉強しましょう!)
    コスパの良さならAndroid
  3. 防水機能の有無
    →雨・雪・お風呂等で使うなら、あると嬉しい機能

■中学生・高校生向け

  1. 動作スペック(CPU/メモリ)に注目
    【おすすめスペック】
    CPU:Snapdragon 710以上またはHUAWEI Kirin 810以上
    メモリ:6GB以上
    →高スペックな端末は高額になり、一括購入のみのものが多い
  2. バッテリー容量に注目
    →大容量バッテリーを求めるなら3,600mAh以上のものを(できれば4,000mAh以上)
  3. カメラに注目
    画素数に注目(自撮りする方はインカメラの画素数も)
    よく撮る場面を想像して、適したカメラがある端末を選びましょう
    "被写界深度"カメラは周りをぼかした写真が撮れてオススメ

 

何を重視するかによって、どれをが良さそうか異なって困りますね…!

ただし重視する点が明確に絞れている方は、ここでほぼ固まったかと思います。

 

LINEモバイル公式サイト

 

とはいえまだ迷っている方も多いはず。

重視する項目別にオススメ端末をご紹介します。

また、中高生ともなると複数アプリを起動させたりゲーム等をする子が多いため、”動作スペック”はかなり大事

そのため、ある程度の動作スペック以上(できるだけ"おすすめスペック"で挙げた基準以上)のものから選出しています。

おすすめ端末(中高生編)

 

バランスの良さで選ぶ:OPPO Reno A

 

バランスの良さならOPPO Reno A

スペックはこちら↓

OPPO Reno A スペック
CPU・メモリSnapdragon 710
6GB
バッテリー容量3,600mAh
カメラ■アウトカメラ
1,600万画素(標準)
200万画素
■インカメラ
2,500万画素
防水機能
価格分割払い(24回):1,590円/月
一括払い:35,800円

OPPO Reno Aは防水機能もありか価格もお安めなためかなりコスパが良いです。

ただしちょっとカメラの数は少ないでしょうか?

そういう方は、次にご紹介するHUAWEI nova 5Tもオススメです。

 

※ちなみに大人が選ぶならおサイフケータイの機能があるOPPO Reno Aの方はオススメ。おサイフケータイ機能があれば、モバイルSuicaやQUICPay等がスマホで使えますよ。

 

▼OPPO Reno Aの詳細を見る▼

LINEモバイルでスマホ端末を見る

※端末セール実施中!

 

動作スペック&カメラを重視:HUAWEI nova 5T

 

動作スペックカメラを重視するなら、HUAWEI nova 5T

HUAWEI nova 5T スペック
CPU・メモリKirin 980
8GB
バッテリー容量3,750mAh
カメラ■アウトカメラ
約4,800万画素(標準)
約1,600万画素(超広角)
約200万画素(被写界深度)
約200万画素(マクロ)
■インカメラ
約3,200万画素
防水機能-
価格一括払い:54,500円

防水機能は無いものの、その他のスペックは抜群。

特にカメラはアウトカメラだけで4つもあり、様々な場所での撮影時に活躍してくれそうです。

インカメラの画素数も多いので自撮りもバッチリですね。

ただし、一括払いのみなのが人によってはマイナスポイントかもしれません。

 

▼HUAWEI nova 5Tの詳細を見る▼

LINEモバイルでスマホ端末を見る

※端末セール実施中!

 

動作スペック&バッテリー容量を重視: Reno 10x Zoom

 

動作スペックバッテリー容量を重視するなら、 Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoom スペック
CPU・メモリSnapdragon 855
8GB
バッテリー容量約 4,065mAh、VOOC3.0急速充電対応
カメラ■アウトカメラ
約4,800万画素(標準)
約800万画素(超広角)
約1,300万画素(望遠)
■インカメラ
約1,600万画素
防水機能-
価格一括払い:87,880円
※分割払いでの購入はできません

動作スペック的にはCPU・メモリ・バッテリー容量どれをとっても◎。

ただしちょっと値は張りますね。

 

▼Reno 10x Zoomの詳細を見る▼

LINEモバイルでスマホ端末を見る

※端末セール実施中!

 

バッテリー容量&カメラを重視:OPPO A5 2020

 

バッテリー容量カメラを重視するなら、OPPO A5 2020

OPPO A5 2020 スペック
CPU・メモリSnapdragon 665
4GB
バッテリー容量5,000mAh
カメラ■アウトカメラ
約1200万画素(標準)
約800万画素(超広角)
約200万画素(ポートレート)
約200万画素(モノクロ)
■インカメラ
約1,600万画素
防水機能-
価格分割払い(24回):1,190円/月
一括払い:26,800円

CPUとメモリのスペックは決して良いとは言えません。

ただしバッテリー容量は5,000mAhもあり、カメラの性能も悪くありません。

また、価格がお安めのもいいですね。

 

▼OPPO A5 2020の詳細を見る▼

LINEモバイルでスマホ端末を見る

※端末セール実施中!

 

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人
sim-closet

sim-closet

犬の着ぐるみの中身は現役女性SE。格安SIM使用歴5年以上。LINEモバイル歴2年以上。その他格安SIMも使用経験あり。iPhoneメインだけどAndroidも使用中。

-スマホ端末
-

© 2020 LINEモバイルのすすめ