スマホ端末

【OPPO Reno A】DSDV(楽天モバイル+LINEモバイル)試してみた

OPPORenoA_DSDVデュアルSIM試してみた

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)対応のスマホ端末なら、2枚のSIMカードを装着可能

OPPO Reno Aは、DSDV対応スマホの中でもかなり人気の機種です。

 

楽天モバイルやLINEモバイルのおすすめ端末の記事でも常に上位でご紹介していますし、実際にどの会社でも売れています。(おサイフケータイも防水も付いているのにかなりお安いですからね!)

 

でもDSDVって、

  • どうやって設定するの?
  • 通話はどっちもできるの?
  • データ通信はどっちでするの?

などなど気になりませんか?

 

実際に試してみたので画像付きでご説明します。

 

DSDVとは?

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)とは、1台にSIMカードを2枚装着可能でかつ、両方のSIMカードが4G(LTE)通信およびVoLTEで待ち受け可能であること。

例えば、楽天モバイルのSIMカードと格安SIM等他社のSIMカードを同時に装着できて、どちらのSIMカードでも電話やデータ通信ができるという事です。

楽天モバイルをデータ通信専用、他社回線を通話専用にして使うってのもありですね。

 

\1年間無料は300万人限定!/

楽天モバイル公式サイト

※今なら最大26,300ポイント以上還元!

 

今回使用したスマホ端末とSIMカード

今回試したのはこちら↓

使用したスマホとSIMカード

スマホ端末:OPPO Reno A 128GB (楽天モバイルで購入)

SIMカード:【SIM1】楽天モバイル自社回線、【SIM2】LINEモバイル(ソフトバンク回線)

 

ちなみに楽天モバイルのOPPO Reno Aは、楽天公式サイトではソフトバンク回線は非対応と記載があります。

OPPORenoA対応回線

しなしながら、OPPO公式サイトだと対応周波数はこちら↓

OPPORenoA対応周波数

ソフトバンクで使用されている周波数帯は主にバンド1バンド8なので、ソフトバンク回線が使えないわけないと思っていたんですよね。

 

LINEモバイルの動作確認済み端末検索でも、OPPO Reno Aはソフトバンク回線○と記載がありますし↓

LINEモバイルOPPORenoA動作確認済み端末検索

 

というわけで今回、LINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMカードを試してみたのですが、通話もデータ通信も問題なく使えました

楽天モバイルではおそらく、ソフトバンク回線は検証していないため"非対応"と記載しているだけなのでしょうね。

 

楽天モバイルのOPPO Reno Aでソフトバンク回線が使えないのか…と思って購入をためらっていた方は、ぜひ再検討してみてくださいね。

 

▼今回使用したスマホ端末はこちら▼

楽天モバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末購入で最大21,300ポイント還元!

LINEモバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末セール実施中!

 

楽天モバイルOPPO Reno AでDSDVを試してみた

DSDV(2枚目のSIMカード)設定方法

step
1
SIMカードを2枚装着する

まずSIMカードのスロットを開けて、2枚目として使用するLINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMカードを装着します↓

OPPORenoA_SIMカード2枚装着

SIMカードを入れたことがある方なら特に戸惑うことはないはず。

ただし、左側は2枚目のSIMカードも入れられますが、SDカード(nanoSIM)を入れられる場所にもなっています。

そのため、2枚目のSIMカードとSDカードはどちらか片方のみ装着可能ということになりますのでご注意ください。

 

step
2
SIMカードを2枚装着する

スマ本体にスロットを戻すと以下のような画面が表示されるので、”設定を修正する”をクリックします。

OPPORenoASIMカード2枚装着設定を修正する

今回の場合、SIM1/SIM2は以下の通り↓
SIM1:楽天モバイル
SIM2:LINEモバイル(ソフトバンク回線)

 

step
3
SIM2のアクセスポイントを設定する

以下の画面で"SIM2"をクリックし、

OPPORenoASIM2設定

以下画面で"有効にする"をONにし、"アクセスポイント名"をクリックしてAPN設定をします。(※APNはアクセスポイントネームの略)

OPPORenoA_SIM2アクセスポイント設定

この設定は各社異なるため、ご使用のSIMカードの会社の設定手順をご確認ください。

LINEモバイルの場合はこちら↓

APN設定|LINEモバイル

 

step
4
データ通信をするSIMカードを切り替え、データ通信のテストをする(※任意)

前手順までで、新しく入れたSIM2(今回はLINEモバイル)で通話の着信や発信はできます。

ただし、データ通信できるのはSIM1/SIM2のどちらか一方の回線のみ。

データ通信の初期設定はSIM1のため、SIM2の回線でデータ通信したい場合はこの手順を実施してください。

 

まず、以下の画面で"インターネット"をクリック。

OPPORenoA_データ通信切り替え

以下の画面で"SIM2"をクリック。

OPPORenoA_データ通信切り替え2

以下の画面で"切り替え"をクリック。

これでデータ通信で使用するSIMカードがSIM2(今回の場合はLINEモバイル)の回線に切り替わっています。

問題なくデータ通信できるか確認しましょう。(WiFiをOFFにした状態で確認するのをお忘れなく)

 

step
5
通話のテストをする

通話については、受ける時もかける時も常にどちらのSIMカードも使用できます。

着信の画面はこんな感じ↓

OPPORenoA_SIM2で通話を受ける

上記の場合だと、新しく入れたSIM2の方の電話番号にかかってきていることがわかります。(ちょっと小さくてわかりづらいですねw)

 

発信の画面はこんな感じ↓

OPPORenoA電話をかける

発信前に、”SIM1”の電話番号からかけるか"SIM2"の電話番号からかけるかを選択できます。

また、通話履歴にも"1"または"2"という数字が表示されるため、どちらの電話番号で着信した通話なのかを確認できます。

 

ちなみに、SIM1ってどっちだっけ…?SIM2…?ってなってしまいそうですが、先ほどのAPN設定と同じ画面で、SIMカード名を変更可能

SIMカード名変更

今回は実施しませんでしたが、これは変更しておいた方が分かりやすそうですね!

 

と、いうわけで通話についても着信/発信ともに確認しておきましょう。

 

▼今回使用したスマホ端末はこちら▼

楽天モバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末購入で最大21,300ポイント還元!

LINEモバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末セール実施中!

 

DSDV対応端末使用時のの注意点

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)対応機種なら2枚のSIMカードを使用可能。

 

どちらも音声通話に対応したSIMであれば、電話番号を2つ持つことができ同時待ち受け可能なため、どちらの電話番号に着信しても通話することが可能です。

ただし発信は片方のみなので、どちらのSIMカードの電話番号から発信するかを選択してから発信する必要があるためご注意ください。

OPPORenoA発信SIMカード選択

 

また、データ通信はどちらか片方のSIMカードのみ。

切り替えて使用することになるため、データ通信をさせたいSIMカードを設定することを忘れないようご注意ください。

OPPORenoA_データ通信切り替え

DSDVの注意点

通話は両方のSIMカードで着信/発信が可能。(発信時はSIMカードを選択)

データ通信は片方のみ。

 

ちなみに、デュアルSIM端末の中には、DSDVではなくDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応端末もあります。

DSDSも基本的にはDSDVと使い方等は同じですが、DSDSの場合、片方のSIMカードで4GLTE回線が使えず3G回線のみとなります。

現在は4GLTEが主流なので、デュアルSIM端末を購入する際はDSDSではなくDSDV対応端末を選ぶことをおすすめします。

 

▼今回使用したスマホ端末はこちら▼

楽天モバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末購入で最大21,300ポイント還元!

LINEモバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末セール実施中!

 

DSDVは、格安SIMとキャリア回線の2枚使いがおすすめ

今回私が試したのは以下の組み合わせ。

使用したスマホとSIMカード

スマホ端末:OPPO Reno A 128GB (楽天モバイルで購入)

SIMカード:【SIM1】楽天モバイル自社回線、【SIM2】LINEモバイル(ソフトバンク回線)

この組み合わせで使うなら、データ容量無制限で使える楽天モバイル回線をデータ通信に使うのが良さそうです。(ただし楽天回線エリアの方のみ)

 

もちろん以下のように他社回線で使用してもOK。

(例1)
SIM1:ドコモ
SIM2:LINEモバイル(ソフトバンク回線)

(例2)
SIM1:ソフトバンク
SIM2:楽天モバイル

 

格安SIMや楽天モバイルが気になるけど、完全に移行するのには勇気がいる…!という方なんかは、まずは2つのSIMカードを1つのスマホで使ってみてはいかがでしょう?

2つの回線を持っておけば、どちらのかの回線に障害があった場合も安心ですしね。

(ただし、そのスマホ端末がどの回線に対応しているかの確認は必要。OPPO Reno Aなら、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの回線すべてで使用可能です。)

 

また、電話番号は1つのみでOKなら、2枚目のSIMカードはFUJI Wifi のような通話機能の無いSIMカードにするのも賢い使い方。

例えば、ドコモのギガホ(60GB)6,980円ですが、FUJI WiFiのSIMプランなら100GBで2,980円です。

 

FUJI WiFiは格安SIMではなくソフトバンク回線なので通信回線も高速で安心。

キャリア回線1本で大容量通信(目安7GB/月以上)をしている方は、ちょっともったいないですよ…!

 

FUJI Wifi公式サイト

 

まとめ

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)対応端末であるOPPO Reno Aでの、デュアルSIMの設定&使用イメージをご紹介しました。

DSDVってなんか設定が難しそう…!
実際はどうやって使うんだろう?
と思っていた方の参考になっていたら幸いです。

OPPO Reno AのようなDSDV端末は、"楽天モバイルや格安SIMは安いし気になるけど完全に切り替えるのは怖い…!"と思っている方には特におすすめです。

あなたも次のスマホ端末は、DSDV対応のものにしてみては?

 

▼今回使用したスマホ端末はこちら▼

楽天モバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末購入で最大21,300ポイント還元!

LINEモバイルでOPPO Reno Aを見る

※端末セール実施中!

 

 

\1年間無料は300万人限定!/

楽天モバイル公式サイト

※今なら最大26,300ポイント以上還元!

 

\この記事はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人
sim-closet

sim-closet

犬の着ぐるみの中身は現役女性SE。格安SIM使用歴5年以上。LINEモバイル歴2年以上。その他格安SIMも使用経験あり。iPhoneメインだけどAndroidも使用中。

-スマホ端末

© 2020 LINEモバイルのすすめ