各社の特徴

楽天モバイルのスーパーホーダイほんとに安い!?お得な使い方を調べた結果…

更新日:

楽天モバイルのスーパーホーダイは安くない!?お得なパターンまとめ

格安スマホ(格安SIM)の会社の中で、楽天モバイルはシェアNo.1です。(電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成30年度第3四半期(12月末))調べ。MVNOのシェアのため、ワイモバイルは除く。)

楽天モバイルには以下の2つの料金プランがあります。

  • スーパーホーダイ
  • 組み合わせプラン

おそらく人気があるのはスーパーホーダイの方でしょう。お安く見えますからね…。でも最低利用期間が2年とか3年とかあるし、途中から金額は上がります。それを考慮してもほんとお得なのか…?を徹底的に分析してみました。

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

楽天モバイルのスーパーホーダイとは?

楽天モバイルのスーパーホーダイという料金プランの大きな特徴は以下の2つ。

  • 高速通信容量を使い切っても最大1Mbpsでデータ使い放題
  • 10分以内の通話がかけ放題

料金は2GBのプランSなら2年間は1,480円。

とても魅力的に見えますね。でも本当にオトクなのでしょうか??なにか罠があるのでは?もしくは特定の使い方をしないとお得ではないのでは??
一つずつ見ていきましょう。

 

スーパーホーダイの料金

料金プランが非常に分かりにくいので、一番お安くなるパターンで計算してみます。

スーパーホーダイで一番料金安くなるのは以下の場合。

  • プランS(2GB)を選択
  • 楽天会員 ※2年間500円引き
  • 3年契約 ※2年間1,000円引き
  • ダイヤモンド会員 ※対象月のみ1年間500円引き

この場合の料金は以下のようになります。

1年目2年目3年目以降
プランS(2GB)980円1,480円2,980円

1年目ずっとダイヤモンド会員だった場合はお安いですが、3年目には3倍になります…どうも使い続けるには向かなさそうです。3年契約なので、4年目には他社への切り替えを考えたほうがよさそう、ということがここから分かります。

というわけですが、3年間は本当にお得なのか?を他の特徴も考慮して考えてみたいと思います。

 

高速通信を使い切っても最大1Mbps

まず、公式ページに小さい文字で以下のように記載があります。

通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps。

なるほど。混み合う時間帯は1Mbps出ないんですね。300kbps(0.3Mbps)はかなり遅いですね。普通にWeb閲覧するのもストレスを感じるレベルです。動画閲覧は無理でしょう。LINE等のテキスト通信ならそれほどストレスにはならないかもしれませんけどね。
以下の動画の一番右(通信速度制限)の状態が近いと思われます。※ちなみにLINEモバイルのソフトバンク回線は現在はここまでの速度は出ません。混み合う時間帯でも1Mbps程度は出ます。

www.youtube.com

この遅さに耐えられるなら良いですが、耐えられないなら楽天モバイルはやめておいたほうが良いでしょう。ただし、この混み合う時間帯にWi-Fiに繋げられる環境にいる方であれば全く問題ありません!

と、いうわけでここまでの結論は以下。

通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)にWi-Fiに接続出来る(もしくは通信速度が遅くても我慢できる)人なら楽天モバイルを選んでもOK」

 

10分以内の通話かけ放題は本当にお得なのか?

10分以内の通話であれば何回でもかけ放題です。通話を月に何回もする方であればお得そうですね。では、月にどれくらい通話をしたらお得になるのか?計算してみました。

DMMモバイルに2GBプラン(基本料金1,380円)があるので、そちらと比較してみます。

また、最近は通話をする方が減ってきていますので、「1回2分以内の通話を11回する=月22分通話をする」と仮定してみます。

この場合、楽天モバイルの場合の料金は以下。

楽天モバイル(ダイアモンド会員)の場合
1年間合計980円×12ヶ月=11,760円
2年間合計1年間合計+1,480円×12ヶ月=29,520円
3年間合計2年間合計+2,980円×12ヶ月=65,280円

10分以内の通話なので、追加でかかる料金はありません。

ではDMMモバイルだとどうなるでしょう?22分の通話料金は、DMMモバイル専用アプリを使用した場合440円ですので、以下のようになります。

DMMモバイルの場合
1年間合計(1,380円+440円)×12ヶ月=21,840円
2年間合計(1,380円+440円)×24ヶ月=43,680円
3年間合計(1,380円+440円)×36ヶ月=65,520円

楽天モバイルの方が3年間合計が少しだけ安くなりますね。

この計算から分かったのは以下。

「データ使用量が2GB以下 且つ 毎月22分以上通話する方であれば楽天モバイルはお得 ※ただしダイアモンド会員の場合に限る」

しかしながらこれは、1年目がずっとダイアモンド会員である場合で計算しています。もし1年目がダイアモンド会員ではない場合、以下のようになります。

楽天モバイル(ダイアモンド会員ではない)の場合
1年間合計1,480円×12ヶ月=17,760円
2年間合計1年間合計+1,480円×12ヶ月=35,520円
3年間合計2年間合計+2,980円×12ヶ月=71,280円

これと張り合うためにはDMMモバイルの場合、月何分くらい通話すればお得なのか?計算してみると以下のようになりました。

結論からいうと毎月30分以上の通話です。
DMMモバイルで毎月30分通話(=通話料金600円)した場合の3年間の料金合計は以下。

DMMモバイルの場合
1年間合計(1,380円+600円)×12ヶ月=23,760円
2年間合計(1,380円+600円)×24ヶ月=47,520円
3年間合計(1,380円+600円)×36ヶ月=71,280円

というわけで、ここまでで分かった結論は以下。

「データ使用量2GB 且つ 毎月30分以上通話するならお得」 

ちなみにDMMモバイルも混み合う時間帯は楽天モバイルと同様に通信速度が遅くなります。そしてDMMモバイルはドコモ回線。

通話をあまりしない方の場合お得ではなさそうです…

ただし楽天モバイルの場合「高速通信を使い切っても最大1Mbps」という特徴がありましたね。

では高速通信2GBを使い切ったあと一体何GBくらい使えば(合計何GB使えば)お得なのでしょうか?

 

高速通信を使い切った後何GB使えば(合計何GB使えば)お得なのか?

パターン1:データ使用量3GB+通話○○分

ここでも同様にDMMモバイルと比較してみましょう。
また通話は、「1回2分以内を8回=月16分」した場合で考えみます。

通話時間がゼロで毎月3GB使った場合の楽天モバイルとDMMモバイルの料金は以下。
※DMMモバイルの3GBプラン:1,500円
※DMMモバイルで16分の通話量:320円

楽天モバイル(ダイアモンド会員)の場合
1年間合計980円×12ヶ月=11,760円
2年間合計1年間合計+1,480円×12ヶ月=29,520円
3年間合計2年間合計+2,980円×12ヶ月=65,280円
DMMモバイルの場合
1年間合計(1,500円+320円)×12ヶ月=21,840円
2年間合計(1,500円+320円)×24ヶ月=43,680円
3年間合計(1,500円+320円)×36ヶ月=65,520円

同じくらいになりましたね。
と、いうこわけでここから分かった結論は以下。

「データ使用量3GB以上 且つ 16分以上の通話をすればお得 ※ただしダイアモンド会員の場合に限る」

ダイアモンド会員ではない場合の料金は以下なので、

楽天モバイル(ダイアモンド会員ではない)の場合
1年間合計1,480円×12ヶ月=17,760円
2年間合計1年間合計+1,480円×12ヶ月=35,520円
3年間合計2年間合計+2,980円×12ヶ月=71,280円

これと張り合うためには、DMMモバイル3GBプランで24分通話(通話料金:480円)した場合です。

DMMモバイルの場合
1年間合計(1,500円+480円)×12ヶ月=23,760円
2年間合計(1,500円+480円)×24ヶ月=47,520円
3年間合計(1,500円+480円)×36ヶ月=71,280円

というわけで、ここから分かるのは以下。

「データ使用量3GB以上 且つ 24分以上通話をすればお得」 

パターン2:データ使用量5GB+通話○○分

通話時間ゼロの場合、DMMモバイル5GBプラン(1,910円)の3年間合計は以下のようになります。

DMMモバイルの場合
1年間合計1,910円×12ヶ月=22,920円
2年間合計1,910円×24ヶ月=45,840円
3年間合計1,910円×36ヶ月=68,760円

楽天モバイル(ダイアモンド会員)の3年間合計(65,280円)方がお安くなりますね。
というわけでここから導き出された結論はこちら。

「通話をほとんどしない方の場合、データ使用量月5GB以上ならお得 ※ただしダイアモンド会員場合に限る」

ちなみに、ダイアモンド会員ではない場合は以下です。

楽天モバイル(ダイアモンド会員ではない)の場合
1年間合計1,480円×12ヶ月=17,760円
2年間合計1年間合計+1,480円×12ヶ月=35,520円
3年間合計2年間合計+2,980円×12ヶ月=71,280円

これと同じくらいになるのは、以下のようにDMMモバイル5GBプランで毎月4分通話(80円)をした場合。

DMMモバイルの場合
1年間合計(1,910円+80円)×12ヶ月=23,880円
2年間合計(1,910円+80円)×24ヶ月=47,760円
3年間合計(1,910円+80円)×36ヶ月=71,640円

と、いうわけでここから分かるのは以下。

「データ使用量5GB以上 且つ 毎月4分以上の通話をする方ならお得」

 

楽天モバイルのスーパーホーダイがお得な使い方の例

もうわけわからなくなったかと思います(笑)ここまで読んでくださった方はありがとうございます。

楽天モバイルのスーパーホーダイのプランS(2GBプラン)がお得になる使い方の例は以下の通りです!

1年目が毎月ダイアモンド会員の場合

  • 「データ使用量:1〜2GB」且つ「通話:毎月22分以上」
  • 「データ使用量:3GB以上」且つ「通話:毎月16分以上」
  • 「データ使用量:5GB以上」

1年目がダイアモンド会員ではない場合

  • 「データ使用量:1〜2GB」且つ「通話:毎月30分以上」
  • 「データ使用量:3GB以上」且つ「通話:毎月24分以上」
  • 「データ使用量:5GB以上」且つ「通話:毎月4分以上」

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

まとめ

さらにまとめますと、楽天モバイルスーパーホーダイ(プランS:2GB)選択する場合、以下の方以外はあまりお得ではないということです!

  • 「毎月5GB以上データ通信する」
  • 「毎月30分以上通話をする」

ちなみに平成29年の総務省のデータだと、6割以上の方は月3GB以内しかデータ通信していないはずなんですけどね…

また一番始めに記載した通り、「通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)にWi-Fiに接続出来る(もしくは通信速度が遅くても我慢できる)」 かどうかも考慮に入れたほうが良いかと思いますよ。

楽天モバイル公式サイトはこちら

-各社の特徴

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.