2019/10〜初月無料オプション有料化

格安SIM各社の特徴

楽天モバイルの特徴と料金プラン

更新日:

楽天モバイル

楽天モバイル

2年目までの料金をとにかく安くしたい!という方にはオススメです。

楽天市場をよく使用されている方であればかなり安くすむ可能性がありますよ。

 

楽天モバイルの特徴

契約できる回線

  • ドコモ回線
  • au回線

以前はドコモ回線だけの取り扱いでしたが、au回線の取り扱いも始まりました。ただし、au回線の場合は選択できない料金プランがありますのでご注意ください。

 

料金プラン

主な料金プランは以下の2つです。

  • スーパーホーダイ
  • 組み合わせプラン

スーパーホーダイ

特徴は以下。

  • 10分以内の通話かけ放題が込み
  • 高速通信を使い切った後でも最大1Mbpsが出る
    (“最大”には注意が必要です。)
  • ドコモ回線のみ
  • 通話SIMのみ

プランS(2GB)で2,980円ですので、UQモバイルやワイモバイルと同水準ですね。
公式サイトを見ると、プランSは1,480円のように見えますが、これは3年契約の場合のはじめの2年間のみの料金です。

組み合わせプラン

組み合わせプランの特徴は以下。

  • 通話かけ放題なし。
  • 以下3種類のSIMから選択可
    通話SIM、050データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)
  • データSIMはドコモ回線のみ
  • データSIM(SMSあり)と通話SIMはドコモ回線・au回線から選択可能

通話SIMは通話もデータ通信も出来るタイプです。ほとんどの方は090/080/070の電話番号と通話機能が必要だと思いますので、大半の方は通話SIMを選択されるかと思います。(2台目以降のスマホやタブレット等であれば通話は必要ないかもしれません。)

料金は通話SIM3.1GBプランで1,600円で、他の格安SIMと比べても標準的な価格設定です。

050データSIMは、050から始まる電話番号を取得すればデータ回線で通話ができますよ、というものです。電話はめったにしないけど、念のため電話番号は持っておきたいといった方であれば050データSIMを選択するのもありかと思います。

また、SMSはいわゆるショートメールのことですが、一部のスマホアプリの認証にSMSが使用されることがありますので、通話機能が必要ない方でも最低限SMS機能はあった方が良いかと思います。

もちろんこの2つのプラン(スーパーホーダイ、組み合わせプラン)には2GBや3.1GBよりもデータ量の多いプランもあります。

 

料金表

スーパーホーダイは何年契約にするかによって料金が異なります。
また、はじめの1年間のみ楽天市場のランクがダイアモンドの月はさらに500円割引となります。

スーパーホーダイ
ドコモ回線のみ
容量料金
2年間3年目以降
1年契約
(楽天会員(500円割引)
※2年間のみ)
2GB(プランS)2,480円2,980円
6GB(プランM)3,480円3,980円
14GB(プランL)5,480円5,980円
24GB(プランLL)6,480円6,980円
2年契約
(楽天会員(500円割引)
+2年契約(500円割引)
※2年間のみ)
2GB(プランS)1,980円2,980円
6GB(プランM)3,480円3,980円
14GB(プランL)4,980円5,980円
24GB(プランLL)5,980円6,980円
3年契約
(楽天会員(500円割引)
+3年契約(1,000円割引)
※2年間のみ)
2GB(プランS)1,480円2,980円
6GB(プランM)2,480円3,980円
14GB(プランL)4,480円5,980円
24GB(プランLL)5,480円6,980円

組み合わせプランは以下のようにSIMカードの違いだけでとてもシンプル。

組み合わせプラン
ドコモ回線
またはau回線
容量データSIM
ドコモ回線のみ
データSIM
(SMS付き)
ドコモ回線
またはau回線
通話SIM
ドコモ回線
またはau回線
(○年縛り無し)ベーシック※1525円645円1,250円
3.1GB900円1,020円1,600円
5GB1,450円1,570円2,150円
10GB2,260円2,380円2,960円
20GB4.050円4,170円4,750円
30GB5,450円5,520円6,150円

※1:通信速度は最大200kbps(3.1GB以上のプランのデータ容量を超えた場合の制限時と同等。)

スーパーホーダイは安いですね。
ただし個人的には、格安スマホに乗り換えるメリットとして、単純に料金が安くなること以外に以下も大きなメリットだと考えています。

  • 初めからずーっと何年も月々の料金が安い
  • 月々の料金が分かりやすい
  • 2年縛りが無い

スーパーホーダイは上記を全て満たしていません…そのため正直言ってこれら以外の点に惹かれることがない限りはオススメしていません。

 

通話料金

通話料金は20円/30秒
3大キャリアと同水準、他の格安SIMとも同水準です。

また、楽天モバイルの専用アプリ「楽天でんわ」から発信した場合、10円/30秒となります。
アプリからの通話だと半額の10円/30秒なるというのは、他の格安SIMでも一般的となっています。

 

通話オプション

以下のオプションがあります。

  • 楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル:850円

名前の通り、10分以内の国内通話がかけ放題となるオプションです。

10分かけ放題が有効になるのは、このオプションに申し込み、専用アプリ「楽天でんわ」から通話した場合のみです。専用アプリを使う必要があるというのは他社でも一般的です。

また、スーパーホーダイであればもともと通話かけ放題がついていますのでこのオプションはつける必要がありません。

組み合わせプランを選択する方で、月に43分以上通話をするという方は検討することをオススメします。

※43分の通話料金(楽天でんわ使用):10円/30秒 × 2(分に換算) × 43(分) = 860円

 

楽天モバイルならではの特徴

スーパーホーダイなら低速時も最大1Mbps

高速通信容量を使い切った後、他社であればだいたい128kbpsまで低速になってしまいますが、楽天モバイルの場合は低速時でも最大1Mbps出ます。(1Mbps=1024Kbps)

1MbpsあればYoutube等の動画もストレスなく観られると言われている速度です。

しかしながら注意したいのは“最大”という文字。

公式ページにも記載がありますが、通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbpsです。300kbpsだと普通にWeb閲覧するのも厳しい速度。かなりストレスを感じると思われます。

混み合う時間帯にWiFiに接続できるような方であれば良いかもしれませんが、そういった方でない限りは「低速時も最大1Mbps」にはあまり踊らされない方が良いと考えます。

また、高速通信を使い切っていなくても、混み合う時間帯は1Mbpsは出ないことが多いです。これは一部の格安SIMを除いて格安SIM各社に共通するデメリットです。

 

店舗が多い

楽天モバイルも最近自社店舗を増やしています。

楽天モバイルは2019年10月にキャリア化を予定しています。ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ第4のキャリアです。

そのためにも店舗を増やしているのではと思われます。

ただ、もう直ぐキャリアになるというのに、3年契約とかのプランがあるのはどういうことでしょうか…キャリアになっても格安SIMは続けていくということだと思いますが、個人的にはなんだか少し心配です。。

 

ダイアモンド会員ならさらに安い

楽天市場を頻繁に使い方であれば、ダイアモンド会員の方も少なくないかもしれません。ダイアモンド会員の方であれば、3年契約で1年間のみ・対象月のみですが、スーパーホーダイが980円となります。

 

楽天スーパーポイント

楽天モバイルの月々の支払い100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。また、楽天モバイルの支払いに保有している楽天スーパーポイントを使うこともできます。(期間限定ポイントも使うことができます。)

 

楽天モバイル使用者の満足度

以下のデータが参考になるかと思います。
2018年9月格安SIMサービスの満足度調査

楽天モバイルの満足度はまずますといったところでしょうか。

また以下のデータを見ると、2018年9月末のシェアはMVNOの中で第1位です。
総務省|電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成30年度第2四半期(9月末))

楽天市場に馴染みのある方は多いですし、宣伝もかなり多くやっていますからね。スーパーホーダイのプランに惹かれる方も多いのでしょう。

 

まとめ

楽天モバイルの特徴や料金プランについてご紹介しました。

楽天市場をよく使っている方で、1年を超える縛りがあっても良いからとにかく安くしたい!といった方にはオススメですよ。

-格安SIM各社の特徴

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.