LINEモバイルとiPhoneで月々のスマホ代を劇的に安くしよう

このサイトでは格安SIMのLINEモバイルについて分かりやすくご紹介しています。

実際に私は、2018年よりLINEモバイルiPhoneの組み合わせでスマホを使用しています。

以前(2015年〜2018年頃)は別の格安SIMを使用していましたが、LINEモバイルの魅力に惹かれて乗り換えました!

格安SIMに乗り換えた2015年以降、私の月々の支払額は約1,800円
データ使用量は3GBちょっとです。通話はほとんどしません。

通話を多めにした月はもう少し料金が上がりますが、それでも2,100円くらいかな?

あ、でも乗り換え時にはお得なキャンペーンがあるので月々の料金が0円だった月も4ヶ月ほどありましたね。

LINEモバイルで0円

上記は2019年1月の支払い金額ですがご覧の通り0円。

LINEモバイルではキャンペーンによって月々の料金が安くなったり、LINEポイントがもらえることがあります。

上記はキャンペーンでもらったLINEポイントをLINEモバイルの支払いに当てた結果、0円になりました。

 

また、私の使い方(月3GBちょっと、通話ほとんど無し)で大手キャリアだといくらになるのかな?と思い、ドコモの料金シミュレーション(料金見直し)を試してみたところ、
約6,800円となりました。
※シミュレーション概要:シンプルプラン2年契約、ベーシックパック5GBまで(3GBだと足りないので5GB)。スマホ本体の料金を除く。

その差は2年間だと以下となります。
(6,800円-1,800円)× 24ヶ月 = 120,000円

計算してみて改めて驚きました(笑)

もちろんドコモ等大手キャリアでも他社への乗り換え(MNP)の場合、はじめの1〜2年間はもう少し安くなるでしょう。

それでもさすがに格安SIMの料金には及びませんし、安くなるのは2年契約をした場合のみ。

その点、格安SIMは2年縛りがないところがほとんどです。
(ちなみにワイモバイル・UQモバイル・楽天モバイルは、ほとんどのプランで2年縛りがあります。)

格安スマホに乗り換えて、月々の料金や2年縛りを気にするのはやめにしませんか?

というわけでこのページでは、格安SIMの中でも特に私がオススメするLINEモバイルについて、
「LINEモバイルってどんな特徴がある?」
「LINEモバイルへの乗り換え方法は?」
等を詳しく&分かりやすくお伝えします。(不明点があれば是非メッセージください!)

LINEモバイル公式サイトはこちら

最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルの料金プランや回線は?

LINEモバイルの料金プランと回線

LINEモバイルはみなさんご存知のLINEのグループ会社で、「格安SIM」とか「格安スマホ」と言われている会社のうちの一つです。

「格安」というと何だか貧乏くさい!安かろう悪かろうなんでしょ!?と思っている方や、「SIM」という言葉にアレルギーを感じる方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません!

安さ以外にもメリットはありますし、難しく考えなくて大丈夫!

「格安SIM会社(格安スマホ会社)」とは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかから通信回線(通信アンテナ等)を借りて携帯サービスを提供している会社のことをいいます。

LINEモバイルの場合、大手3社ともから借りています。
(実際に契約する際はそのうち1社を選択します。)

そして通信回線を借りているので、通信エリアは大手キャリアと同じです。
それなら安心感がありますよね!

ココがポイント

  • LINEモバイルは通信回線を大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から借りている
  • LINEモバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ

 

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイル:あなたに合う料金プランは?

料金プランは大きく分けて3つあります。

  • LINEフリープラン
    【特徴】LINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロ
  • コミュニケーションフリープラン
    【特徴】LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ
  • MUSIC+プラン
    【特徴】LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの消費ゼロ

料金表は以下の通り。

プラン名容量データSIMデータSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
LINEフリー1GB500円620円1,200円
コミュニケーション
フリー
3GB-1,110円1,690円
5GB-1,640円2,220円
7GB-2,300円2,880円
10GB-2,640円3,220円
MUSIC+3GB-1,810円2,390円
5GB-2,140円2,720円
7GB-2,700円3,280円
10GB-2,940円3,520円

LINEフリープランは月々のデータ使用量が1GBのプランのみ
コミュニケーションフリーMUSIC+は、月々のデータ使用量3GB〜10GBから選択することができます。

この3つのフリーについてはこの後の“メリット1”でご説明します。

また、料金プランとは別にSIMカードが3種類あります。

  • データSIM
  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

今お使いの080や090の電話番号をそのままにしてLINEモバイルに乗り換えたい(MNPしたい)方がほとんどかと思います。

そういった方は基本的には音声通話SIMを選択すればOK。
(データSIM、タブレット等電話番号が必要ない端末で使用する場合にオススメです。)

ココがポイント

  • 料金プランは3種類(LINEフリー/コミュニケーションフリー/MUSIC+)
  • データ容量は5種類(1GB/3GB/5GB/7GB/10GB)
  • SIMカードは3種類(データSIM/データSIM(SMS付)/音声通話SIM)あるが、基本的に音声通話SIMを選べばOK

 

スマホ本体の料金は別払い

大手キャリアの場合は、通信料金とスマホ本体の料金はセットで支払っていますよね?(おそらくスマホ本体の料金も含めると、月々8,000円〜10,000円程度支払っている方も多いのではと思います。)

しかしながら、先ほどのLINEモバイル料金表には「スマホ本体の料金」が含まれていません

そのため、例えばコミュニケーションプラン3GB音声通話SIMで使用する場合、
1,690円+スマホ本体代(1,000〜4,000円程度)= 2,690〜5,690円
といった感じになります。

先ほどの料金表の料金だけでは無いのでご注意ください!

ただし、現在ご使用中のスマホ本体の料金を払い終えていてそのスマホをLINEモバイルで使用する場合、先ほどの料金表の料金だけとなります。

ココがポイント

  • 料金プランにはスマホ本体の代金は含まれていない

 

通話料金はかけた分だけ

例えばドコモなら、通話に関しては以下の3つのプランがあるかと思います。

  • シンプルプラン:通話料金はかけただけかかる(20円/30円)
  • カケホーダイライトプラン:1回あたり5分以内無料
  • カケホーダイプラン:24時間無料

LINEモバイルの場合、基本的にドコモの「シンプルプラン」のように通話料金はかけた分だけかかります。(20円/30秒。ただしLINEモバイル専用アプリからの通話は10円/30秒)

ただし、通話をするための基本料金のようなものはありません。

要するに、コミュニケーションプラン3GBを契約している方が月に10分LINEモバイル専用アプリから通話したとすると、その月の料金は以下になります。
1,690円 + 20(円/分)×10(分) = 1,890円

また、ドコモの「カケホーダイライトプラン」に相当するものとして、LINEモバイルには「10分電話かけ放題オプション」(月額880円)というものがあります。

このオプションは1回あたり10分以内の通話が無料になるオプションです。

例えばコミュニケーションプラン3GBを契約している方が、この10分電話かけ放題オプションを付けた場合の料金は以下になります。
1,690円 + 880 =2,570円

「10分かけ放題」オプションで得する人は?

10分電話かけ放題オプションの料金は880円。
880円あれば、LINEモバイルの通話アプリからかけると約44分通話できます(880円÷20円/分=44分)。
よって、1回あたり10分以内の通話を合計で月に44分以上する方であれば10分かけ放題オプションをつけた方お得です!(例:1回あたり8分の通話を月に6回=48分ならオプションを付けたほうがお得)

ただし、ドコモの「カケホーダイプラン」のような完全通話かけ放題のプランやオプションはLINEモバイルにはありません。(他社の格安SIMでも現在のところ無いと思います。)

そのため1回あたり10分以上の通話がかなり多い方は大手キャリアのままの方がいいかもしれません!

ココがポイント

  • 通話料金はかけた分だけ(20円/30秒。ただしLINEモバイル専用アプリからの通話は10円/30秒)
  • 10分以内の通話が何度でも無料になる「10分電話かけ放題オプション」(月額880円)がある
  • 1回あたり10分以上の通話がかなり多い方は、大手キャリアのままのほうがいいかも?

また、公式サイトで料金シミュレーションも出来ますよ↓

LINEモバイル料金診断をする

 

LINEモバイルはドコモ・ソフトバンク・au回線から選べる

LINEモバイル:ドコモ、ソフトバンク、auの3回線から選べる

2019年4月22日からau回線も追加されて、LINEモバイルでは3大キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)すべての回線から選べるようになりました!

「現在のスマホを購入した会社と同じ回線」で使う場合は、「そのスマホ本体はそのまま」使えます。

要するに、「ドコモで購入したiPhoneをLINEモバイルのドコモ回線」で使う場合は、「そのスマホはそのまま」使えます
スマホ本体はそのままでSIMカードを入れ替えるだけなので、データ移行等も必要ありません。現在入っているアプリも引き続き使えます。

「スマホを購入した会社と違う回線」で使いたい場合は、「そのスマホにかかっているSIMロックを解除」する必要となります。

要するに、「ドコモで購入したiPhoneをLINEモバイルのソフトバンク回線」で使いたい場合は「そのスマホはSIMロック解除」する必要がある、といった感じです。

ただし、SIMロック解除が必要かどうかはiPhoneのバージョン(6,6s,7,8,Ⅹ,ⅩS等)によっても異なります。念のため以下で確認してみてください。
動作確認済み端末検索|SIMフリースマホ・タブレット | LINEモバイル

また、SIMロック解除は各キャリアのマイページ(My Softbnk、My Docomo、My au)からであれば無料で実施できます。店舗でも3,000円ほどの手数料を払えば実施してもらえます。

SIMロック解除が必要な場合は、LINEモバイル申し込み前に必ず実施しておきましょう!

SIMロック解除は以下ページからどうぞ。
ドコモ:My docomoでSIMロック解除する
au:Mu auでSIMロック解除する
ソフトバンク:My SoftbankでSIMロック解除をする

また、今使っているiPhoneのバージョンが分からない…!という方は以下の記事を参考にして確認してみてくださいね。

LINEモバイルとiPhoneの組み合わせで使用する場合、iPhoneは今使っているものではなくAppleStore等で新たに購入してきてもOKです。 

その場合はSIMロックがかかっていない「SIMフリー」のものをご購入ください。
「SIMフリー」のiPhoneであれば、はじめからどの回線でも使えますよ!(私もSIMフリーのiPhoneXSをLINEモバイルで使用しています。)

ココがポイント

  • 今のスマホをそのまま使う場合:今と同じ回線を選択すれば基本的にSIMロック解除は不要
  • 今のスマホをそのまま使う場合:今と異なる回線を選択するなら「SIMロック解除」が必要
  • 新しいスマホに買い換える場合:「SIMフリー」のスマホを購入しましょう

LINEモバイル公式サイトはこちら

最新キャンペーン情報はこちら

 

iPhone+LINEモバイル:料金シミュレーション

iPhoneとLINEモバイル料金シミュレーション

先ほど、LINEモバイルの料金表にはスマホ本体の料金は入っていないとお伝えしました。
「スマホ本体の料金を加味してもほんとに安くなるの?」「どれくらい安くなるの?」と疑問に思う方も多いはず。

と、いうわけで、iPhoneの本体料金も加味した上で料金比較をしてみます!

iPhone XSをLINEのモバイルで使う場合の料金

iPhone XS(256GB)をLINEモバイルのコミュニケーションプラン3GBで使った場合と、ドコモ・au・ソフトバンクで同じ条件で使った場合の料金を比較してみました。
※スマホ本体代はLINEモバイルが24ヶ月払、ドコモが36回払、auとソフトバンクが48回払で計算しているため条件が異なります。
※Apple Storeでは2019/8/30まで24ヶ月払までの金利手数料が無料。
※ドコモ・au・ソフトバンクは24ヶ月経過時に機種変更すると、その後のスマホ分割払い金はタダになります。(ただしその分新しいスマホの機種代金がかかります。)

 本体代+料金の合計
LINEモバイル約7,098円
ドコモ(新料金プラン)約7,780円
au(新料金プラン)約7,680円
ソフトバンク約9,480円

※ソフトバンクの料金は、2年目移行は+1,000円

こうやって見ると差が小さいように見えますね…!(どうもソフトバンクだけ高いけど…)

ただしLINEモバイルの場合のiPhone代は24ヶ月、大手キャリアのiPhone代は36〜48ヶ月払いで計算しています。

そのため24ヶ月経過した後の料金は以下のようになります。(ここではLINEモバイルとドコモを比較)

 25ヶ月目以降の料金
LINEモバイル1,690円
ドコモ7,780円

こうなるとLINEモバイルとiPhoneで使ったほうが圧倒的にお安いですね!

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクは24ヶ月経過時に機種変更すると、その後のスマホ分割払い金がタダになります。
(ただしその分新しいスマホの機種代金がかかりますけどね。)

要するに、2年に1回新しいスマホに乗り換える方は大手キャリアのほうが良いということ。

逆に言うと、2年以上同じスマホを使い続ける方であれば格安SIMの方が圧倒的にお得ということです!

ココがポイント

  • LINEモバイルは、スマホ代を払い終える大手キャリアより圧倒的にお得
  • 大手キャリアは、スマホを2年に1回かならず新機種に機種変更したい方にお得

LINEモバイル公式サイトはこちら

最新キャンペーン情報はこちら

 

LINEモバイルのメリット | 評判と評価は?

LINEモバイルならスマホが安くなるだけではありません。

LINEモバイルのメリットはたくさんがありますが、実際にLINEモバイルを使用している私が厳選した3つを紹介いたします! 

  1. 「SNSデータフリー」でSNSのデータ通信量が気にならない
  2. 「LINEの年齢認証」ができる(LINEのID検索ができる)
  3. 「顧客推奨度」No.1

 

メリット1:「SNSデータフリー」でSNSのデータ通信量が気にならない

LINEモバイルの最大のメリットはやはりコレ。

データ容量が1GBプランならLINE3GB以上のプランならLINE・Twitter・Facebook・Instagram(・LINE MUSIC)の通信データ容量を消費しません

要するに月々のギガが減らないということです。
※LINE MUSICはMUSIC+プランの場合のみデータ容量を消費しません。

通話料を節約するために「LINE通話」を使っていらっしゃる方も多いと思いますが、LINE通話はデータ通信が使用されています。
また、「Instagram」は写真がメインのSNSなので、見ているだけでも結構たくさんデータ通信が使用されます。
(一般的に、文字情報よりも画像や動画の方がデータ通信量が多いです。)

同じように「LINE」で友だちに写真を送ったり、「Twitter」や「Facebook」に写真を投稿する時にもデータ通信が使用されています。

LINEモバイルではない場合、これらSNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)のデータ通信によって月々のデータ容量が減ってしまいます。
が、LINEモバイルならデータ消費されません。ギガが減らないのです。

私はLINEモバイルにする前、他社の格安SIMを3GBプランで契約していました。
その時はときどき月々のデータ容量が足りなくなることがありました。

しかしながら、LINEモバイルにしてからはこの「SNSデータフリー」によってデータ容量が足りなくなることがありません^^むしろ結構余るくらい(笑)

しかも、月々のデータ容量を使い切って通信速度制限がかかってしまった場合でも、これらSNSを使っている場合の速度は落ちません!

LINEやTwitterがいつでも通信制限無しで使えるのは嬉しいですね。

ただし一部の通信はデータフリー対象外なのでご注意を。
詳しくは以下の記事で詳しく説明しています!

LINEモバイルのデータフリーには対象外があるってほんと!?
【注意】LINEモバイルのデータフリーには対象外の通信もある!?

LINEモバイルならLINE・Twitter・Facebook・Instagramは使っててもギガが減らない♪お得だわ〜♪ ちょっと待って!それらの中でも対象外の通信があるよ! え!そうなの!?詳しく ...

続きを見る

 

メリット2:「LINEの年齢認証」ができる(LINEのID検索ができる) 

ほとんどの格安SIMでは大手キャリアの場合と異なり、「LINEの年齢認証」ができません。LINEの年齢認証ができないとLINEのID検索ができません。

でも、LINEモバイルなら格安SIMなのにも関わらず年齢認証ができます!そのためLINEのID検索も可能です。

ここは他の格安SIMにはなかなか無いメリットですよ。

 

メリット3:「顧客推奨度」No.1 

第三者機関MMD研究所の2019年3月の調査で、LINEモバイルは顧客推奨度No.1に選ばれました。

「顧客推奨度」とは、「自分が利用している格安SIMを家族や友人にオススメしたいかどうかを10点満点で評価」したもの。

自分が使っているものを身近な家族や友人にオススメできるか?というのはかなり参考になると思いませんか?

知らない人にオススメだよ!と言われてもちょっと疑ってしまうこともあると思いますが、身近な人にオススメされたら“そうなの…?じゃあ使ってみようかな?”と思うこともありますものね。

また、2019年3月という最近の調査結果だということも重要なポイントです。2年前に1位だった!とか言われても説得力に欠けますものね(笑)

詳細は以下リンクでご確認ください。
2019年3月格安SIMサービスの満足度調査

さらに詳しいメリットが知りたい方は以下の記事をどうぞ。

もっと詳しく
LINEモバイルのメリット
【LINEモバイル】大手キャリアや他の格安SIMと比較したメリットは?

“LINEモバイルってとにかく安いって聞くけど、他にもメリットあるの?” ”LINEモバイル以外にも格安SIM会社ってたくさんあるけど、LINEモバイルならではのメリットってあるの?” そんな風に思っ ...

続きを見る

LINEモバイル公式サイトはこちら

最新キャンペーン情報はこちら

 

LINEモバイルのデメリット&注意点

LINEモバイルにするととにかく料金が安くなりますが、やはりデメリットもあります。

私は特に大きなデメリットは感じていませんが、使い方によっては大きなデメリットになる可能性も。

ここはしっかりと確認しておきましょう!

  1. 通信速度が大手キャリアよりは遅い
  2. 完全通話かけ放題が無い
  3. キャリアメールが使えない

デメリット1:通信速度が大手キャリアよりは遅い

LINEモバイルは格安SIMの中では速度は速めではあるものの、やはり大手キャリアよりは速度は落ちます。

大手キャリアであれば20Mbps以上出るかと思いますが、LINEモバイルの場合は1Mbps〜5Mbps程度です。

ただし、スマホで必要な速度は1Mbps程度と言われています。

でも1Mbpsって体感でどのくらい?と思う方もいらっしゃいますよね?

以下の動画が参考になるかと思いますので載せておきます。

以下動画中の真ん中のスマホがだいたい1Mbpsちょっとの速度です。

※ちなみに左のスマホはLINEモバイル(ソフトバンク回線)と記載されていますが、平日お昼は真ん中のスマホ(1Mbps程度)くらいになりますのでご注意ください。

www.youtube.com

1Mbpsと20Mbps以上の速度が体感ではそれほど変わらないと思いませんか?

また、格安SIMは特に平日お昼(12時台)の速度が遅くなります。みんなが一斉にスマホを使用するからですね。

その混み合う時間帯に、他社の格安SIMだとこの時間0.2~0.3Mbps(先ほどの動画の右のスマホくらい)になることも多いのですが、LINEモバイルのソフトバンク回線の場合はこの時間帯でも1Mbps程度出ることが多いです。

実際に私が計測してみた結果を以下にまとめていますので参考にしてみてください。

また、LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線から選択できますが、実は速度の面からソフトバンク回線がおすすめです。詳しくは以下の記事をご参考にしてください。

 

デメリット2:完全通話かけ放題が無い

LINEモバイルには「10分電話かけ放題オプション」という1回あたり10分以内の国内通話であれば何回でも無料になるオプションがあります。

しかしながら、10分以上の通話が全てかけ放題になるようなプランや通話オプションはありません

1回あたりの通話時間が長く、月に何回も通話するような方であれば、完全通話かけ放題のプランやオプションがある3大キャリアを選択したほうが良いでしょう。

ちなみに、「LINE通話」であればそもそも通話料金がかかりませんLINE通話にはデータ通信が使用されるのですが、LINEモバイルではLINE通話にかかるデータ通信はデータフリー(月々のデータ容量が減らない)です。

よってLINEモバイル使用の場合、LINE通話であれば完全無料で通話ができます!(減るのはスマホ端末の充電くらい!) 

1回あたり10分以上の通話をLINE通話に変えられる方であればLINEモバイルを選択肢に入れるのをオススメします。

しかしながら、お仕事等で長電話をする方であればLINE通話に変えることは難しいかもしれません。その場合はキャリアのままの方が良いと思います。

ちなみに月々の通話時間もデータ通信量も長いという方は、「大手キャリアの電話かけ放題プラン+モバイルWiFi」の組み合わせのほうが安くなる可能性があります。

現在おすすめのモバイルWiFiは「縛りなしWiFi」という会社のWiFi。
初期費用無しで月額3,300円
詳しくは以下でご紹介しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

 

デメリット3:キャリアメールが使えない

これはLINEモバイルに限ったことではありませんが、大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えると、それまで使っていた大手キャリアのメールアドレス(***@docomo.co.jp、***@ezweb.ne.jpまたは***@au.com、***@softbank.ne.jp)が使えなくなります

当たり前と言えば当たり前ですけどね。

そのため乗り換える前に、GmailやYahoo!メール等のフリーメールを持っていない方は作成し、LINEモバイルに乗り換えた後はそちらを使うことになります。

ただし最近はメールを使う方も減ってきていますので、あまりデメリットに感じない方も多いかもしれませんね。

LINEモバイル公式サイトはこちら

最新キャンペーン情報はこちら

 

LINEモバイルへのMNP乗り換え手順は4ステップのみ

大手キャリアからLINEモバイルにMNP(今の電話番号をそのままLINEモバイルでも使う)で乗り換える方法は以下のとおりです。

  1. 契約中のキャリアでMNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルに申し込む
  3. SIMカード入れ替える
  4. ネットワーク初期設定(APN設定)をする

LINEモバイルに乗り換える方法はこの4ステップのみ!
MNPとかSIMとかAPNとかアルファベットアレルギーの方もいらっしゃるかと思いますが(笑)、やってみると難しくないので大丈夫です!

ちなみに私は全てのステップを3日間で終えました。
今日申し込めば早くて明後日からLINEモバイルが使用できます。

上記4ステップを更に細分化して次のリンク先にまとめています。細分化してあるので、書いてある通りに進めていけばきっとあなたも乗り換えられますよ♪

LINEモバイルへの乗り換え手順を見る

LINEモバイルを公式サイトで申し込む

 

まとめ

LINEモバイルとiPhoneで月々のスマホ代を劇的に安くしよう(まとめ)

LINEモバイルってどんなサービス?料金は?乗り換え方法は?等についてお話しました。

もう乗り換えたい!けど料金プランに迷ってる…という方は以下から料金診断ができますので是非試してみてください。

LINEモバイル料金診断をする

電話会社の乗り換えってなかなか面倒で腰が重い方も多いですよね。でもいざ乗り換えよう!と思えば、私のように最短3日で乗り換えることが可能です。 

今乗り換えると2年縛りが来年まであるし違約金が…と思っている方も、もしLINEモバイルにして月3,000〜5,000円安くなるとするとどうでしょう?違約金分は2〜3ヶ月でペイできてしまうかもしれません。

このサイトにたどり着いてここまで読んでくださったあなたは、是非この機会にチャレンジしてみてください!
また、分からないことがあればサポートしますのでコメントやお問い合わせからご連絡くださいね!

LINEモバイルを公式サイトで申し込む

最新キャンペーン情報はこちら

更新日:

Copyright© LINEモバイル×iPhoneでスマホ代を安くする! , 2019 All Rights Reserved.